このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中のスポーツ・公園の中のジャパンラグビートップリーグのクボタスピアーズと宗像サニックスブルースの関係者が溝口副知事を表敬訪問しました。
本文はここから

ジャパンラグビートップリーグのクボタスピアーズと宗像サニックスブルースの関係者が溝口副知事を表敬訪問しました。

2018年10月25日
11月11日(日)のジャパンラグビートップリーグカップ戦新潟開催「クボタスピアーズ 対 宗像サニックスブルース」に先立ち、両チームの関係者が試合に向けての意気込みや抱負などを伝えるために、溝口副知事を表敬訪問しました。
 
 ■ 訪問日 平成30年10月24日(水)

 ■ 訪問者
  〔クボタスピアーズ〕
    チーム総括      岩上 篤史 氏
    チームサポート   髙橋 銀太郎 氏(旧亀田町出身:東農大二校→早稲田大学)
  〔宗像サニックスブルース〕
    部長代行       篠原 光弘 氏
  〔新潟県ラグビーフットボール協会〕
    会 長         三膳 惣一 氏
    副会長         中村 康司 新潟県議会議員
    理事長        水澤 一男 氏
    理 事         細野 敦 氏

 クボタスピアーズの岩上チーム総括は「新潟のファンに感動してもらえる試合をしたい。2019年ラグビーワールドカップ日本大会に向けて盛り上げていきたい。」と抱負を語りました。
 宗像サニックスブルースの篠原部長代行は「新潟の冬は風が強いと聞いている。風が強ければ風が強い中での戦い方がある。試合当日はいい試合をお見せしたい。」と決意を語りました。
 溝口副知事は「私も観戦させていただきます。素晴らしい試合を期待しています。両チームに新潟の新しいお米『新之助』を贈呈します。勝利チームには60kg、負けたチームには30kgとなりますので両チームとも勝利を目指して頑張ってください。」とエールを送りました。
 最後に溝口副知事へチームジャージがプレゼントされ、記念撮影を行いました。

※試合当日は益田副知事から両チームに『新之助』が贈呈される予定です。

右から クボタスピアーズ 岩上事務局長、同高橋OB

右から 宗像サニックスブルース 篠原部長代行、県協会水澤理事長

右から 溝口副知事、新井課長、県協会中村副会長(県議)、県協会三膳会長

記念撮影 (左から)クボタスピアーズ高橋OB、溝口副知事、クボタスピアーズ岩上事務局長

記念撮影 (左から)宗像サニックスブルース篠原部長代行、溝口副知事

全員で記念写真