このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の防犯・交通安全の中の長く運転するための「補償運転」
本文はここから

長く運転するための「補償運転」

2018年01月09日

長く運転するための「補償運転」

人は誰もが年齢を重ねるごとに「身体機能」が低下してきます。身体能力の低下は自動車の運転にも大きな影響を及ぼしますので、いつかは運転を止めなければならない日がくるかもしれませんが、できるだけ長く運転するために「補償運転」を心がけましょう。

「補償運転」?それ何?

「補償運転」とは、簡単に言えば、自動車の運転に際し、心身の衰えによって危険が生じるのを避けるための安全運転のことです。
特に難しいことをする訳ではありません。
  ○夜間の運転を控える
  ○雨の日の運転を控える
  ○長距離の運転を控える
  ○ラジオ・音楽等聞かずに運転に集中する
  ○以前よりスピードを出さない
等、これまでよりもほんの少しだけ気を配り、余裕を持って運転すれば良いだけなのです。


ちょっとした工夫や気配りをするなど、運転を続けるには自分なりの努力や工夫も必要です。
「自分は運転がうまいから大丈夫」という考えは交通事故の危険性を増加させます。
「補償運転」を心がけ、楽しい生活ができるようにしましょう。



安全第一・補償運転