このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の防犯・交通安全の中の「第3回ダマされま川柳(せんりゅう)コンテスト in 新潟」の入賞作品が決定しました!
本文はここから

「第3回ダマされま川柳(せんりゅう)コンテスト in 新潟」の入賞作品が決定しました!

2017年02月13日

「第3回ダマされま川柳(せんりゅう)コンテスト in 新潟」の入賞作品が決定しました!

 県では、近年、高齢者等を中心に振り込め詐欺などの特殊詐欺や悪質商法などによるトラブルが相次いで発生していることから、昨年度に引き続き、平成28年11月25日から平成29年1月6日までの間、被害防止に向けた川柳を募集しました。
 お陰をもちまして、県内はもとより全国から2,278作品(一般部門 1,563作品、児童・生徒部門 715作品)ものご応募をいただき、厳正な審査の結果、このたび以下のとおり入賞作品を決定しました。
 ご応募をお寄せいただいた皆様、どうもありがとうございました。

【一般部門】
 ◎ 最優秀賞 『月一回 声の交換 わが家族』            新潟県十日町市  恵風 様
   〔講評:明るい家庭とは言葉の交流です。それを「月1回の声の交換」という表現でまとめ上げました。見事です。〕

 〇 優秀賞  『我が家には オレはいません 三姉妹』        新潟県長岡市  山口 文雄 様
   〔講評:実に淡々とした表現で我が家の平和を表現しております。下五の「三姉妹」でまとめ上げたのも見事です。〕

 〇 優秀賞  『儲けごと 人に教える 訳がない』          神奈川県横浜市  中澤 仁捷 様
   〔講評:全くその通りです。そう見破った表現がとても自然でよかったです。冷静に淡々とした表現で入賞です。〕

 〇 佳 作  『困っても 振り込まないのも 親の愛』        北海道札幌市  野田 武 様

 〇 佳 作  『昔は「義」 今は「疑」の字を 忘れない』      島根県安来市  島根のぽん太 様

 〇 佳 作  『電話口 マニュアルめくる 音がする』        石川県金沢市  タマツ 様

 〇 佳 作  『息子なら 母の十八番を 歌ってよ』         愛知県あま市  きりんりん 様

 〇 佳 作  『酉年に トキならいいが サギにあう』        長野県須坂市  おろぽっち 様

【児童・生徒部門】
 ◎ 最優秀賞 『「オレオレオレ」 家族の絆が ためされる』     新潟県加茂市  井上 みつき 様  加茂市立加茂中学校3年
 〔講評:「オレオレ」を冷静に受け止め、しかも「ためされる」という表現でまとめてあるのが見事です。〕

 〇 優秀賞  『「詐欺なんて 私は平気」 それ危険』        新潟県村上市  水斗 様  村上市立岩船中学校1年
 〔講評:はっきりと「それは危険である」と表現しています。川柳はこのようにズバリ表現する文芸でもあります。〕

〇 優秀賞  『大丈夫 そう言う人が 狙われる』          新潟県刈羽郡刈羽村  数学好き 様  刈羽村立刈羽中学校1年
 〔講評:その通りです。「大丈夫」と簡単に片付けてはいけません。この句はそれを「忠告」しています。大切なことです。〕

 〇 佳 作  『「大丈夫」 そんなココロが ねらわれる』      新潟県柏崎市  森山 美咲 様  柏崎市立東中学校2年

 〇 佳 作  『持つべきは 疑う心と 見守る目』          新潟県上越市  平原 環 様  上越市立大潟町中学校3年

 〇 佳 作  『オレだよ俺 私の子供は 女だよ』          新潟県柏崎市  堤 佳愛 様  柏崎市立鏡が沖中学校2年

 〇 佳 作  『ファミリーで 決めよう電話の あい言葉』      新潟県柏崎市  五位野 彩音 様  柏崎市立鏡が沖中学校2年

 〇 佳 作  『「だまされた!」 きがるに言える ことじゃない』  新潟県刈羽郡刈羽村 ぱるぱるぅ 様  刈羽村立刈羽中学校1年

※講評:審査員長 大野 風柳(一般社団法人 全日本川柳協会理事長、柳都川柳社主幹)
※氏名の表記は応募者の希望によりペンネームの場合もあります。
入賞された皆様には賞状と副賞をお贈りします。
なお、審査に関する個別のお問い合せにはご回答いたしかねますので、ご了解願います。