このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の防犯・交通安全の中の交通死亡事故発生(4月24日現在)
本文はここから

交通死亡事故発生(4月24日現在)

2018年04月25日

交通死亡事故発生(4月24日現在)

○4月24日(火)午前9時55分頃、上越市高土町地内の主要地方道で、67歳男性運転の軽貨物車と80歳男性運転の自転車が衝突し、80歳男性が死亡。

○4月24日(火)午後7時02分頃、新発田市長畑地内の主要地方道で、60歳男性運転の普通乗用車が70歳男性歩行者と衝突し、70歳男性が死亡。

この事故により、平成30年の県内における交通事故死者は28人となりました。
平成30年の交通死亡事故一覧(PDF形式  61 キロバイト)

平成30年の交通事故発生状況

○平成30年の新潟県内の交通事故発生状況(平成30年4月24日現在)
・発生件数 1,157件(前年比 -120件)
・死者数    28人(前年比 +13人)
・負傷者数 1,368人(前年比 -169人)

平成30年交通事故防止目標「年間の死者数70人以下」(平成30年新潟県交通安全対策基本方針)(PDF形式  116 キロバイト)

平成29年の交通死亡事故の特徴

【主な特徴】
・高齢者     57人(全体の67.1% 前年比 5人減少)
 うち75歳以上  40人(全体の47.1% 前年比 5人減少)
・高齢者加害   27人(全体の31.8% 前年比 3人減少)   
・歩行中     36人(全体の42.4% 前年比 9人減少)
・自動車乗車中  31人(全体の36.5% 前年比 4人減少)
・昼間      50人(全体の58.8% 前年比 7人減少)
【原因別】
・前方不注意   21人(全体の24.7% 前年比 11人減少)
(平成29年12月31日現在)

交通死亡事故の年別推移

①交通事故死者数の年別推移
19年 20年 21年 22年 23年 24年 25年 26年 27年 28年 29年
人数 158 124 113 126 133 107 107 103 97 107 85
②平成29年の新潟県内の交通事故発生状況(1/1~12/31)
・発生件数 4,304件(前年比 -390件)
・死者数    85人(前年比 -22人)
・負傷者数 5,130人(前年比 -445人)
③平成28年の交通死亡事故一覧(PDF形式  109 キロバイト)
④平成29年の交通死亡事故一覧(PDF形式  92 キロバイト)

交通事故防止のポイント

 ・万が一の交通事故のとき、事故の衝撃などから命を守ってくれるのは、シートベルトやチャイルドシートです。全ての座席でシートベルトを着用しましょう。また、6歳未満の子どもには、必ずチャイルドシートを使用しましょう。
 ・ドライバーは、早めのライト点灯とライト上向き、下向きのこまめな切替により、歩行者の早期発見に努めましょう。
 ・歩行者は、道路横断時には左右の安全確認を徹底し、夜間の外出時は夜光反射材を活用しましょう。
 ・急な進路変更は周囲のドライバーを驚かせ、交通事故につながります。進路変更の合図は3秒前、右左折時の合図は30メートル手前から始め、自らの進路を正しく示しましょう。

○「ながらスマホ」はやめましょう!
 「歩きながら」や「運転しながら」のスマートフォン画面注視・操作は、重大な交通事故につながる恐れのある危険な行為です。絶対にやめましょう!

PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする