このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の防犯・交通安全の中の地域安全マップづくりコンテスト
本文はここから

地域安全マップづくりコンテスト

2019年04月17日

第9回 地域安全マップづくりコンテストを開催します!

 小学生が作成した地域安全マップのコンテストを開催します。
 
 子どもたちが、実際に街を歩き、街の人にインタビューをするなどして作成された作品が対象です。
 
 また、地域安全マップ作成の指導者のために、新潟市において講習会も開催します。
 多くのご参加をお待ちしています。

募集要領

1 募集期間
  令和元年7月1日(月)から10月31日(木)まで
2 作品受付
  「第9回新潟県地域安全マップづくりコンテスト」応募用紙に必要事項を
 記入の上、作品とともに県民生活課へ持参または郵送により応募ください。
3 応募資格・条件
 〇 県内の小学生が作成したもの
 〇 グループで作製したもの
 〇 今年度、新たに作製したもの
4 テーマ
  子どもの犯罪被害防止に関するもの
5 規格
  原則として、模造紙(788mm×1091mm程度)1枚に作製されたもの。
  裏面をガムテープで縁取りするなど破損を防止をしてください。
◎コンテスト募集要項(PDF形式  226 キロバイト)
◎コンテスト応募用紙◎マップチェックリスト(PDF形式  134 キロバイト)
◎コンテスト応募用紙(Word形式  164 キロバイト)

審査

1 審査基準
 ・子どもの犯罪被害防止に関する安全マップであること
 ・犯罪が起こりやすい場所や安全な場所とそれぞれの理由が記載されていること
 ・地域の住民や地域の防犯に関わる方々と連携のあること(インタビュー等)
 ・色づかいの工夫や写真、イラストの活用により、みやすい地図であること
 ・人、家、車の所有者が特定されないようにするなど、プライバシーの保護に配慮していること

2 選考
 作品の中から、知事賞(最優秀賞)1点、県教育長賞、警察本部長賞(優秀賞)2点、入賞3点、特別賞2点を選考します。
 また応募者全員に参加賞があります。
第8回コンテスト 新潟県知事賞 (中野山小学校区コミュニティ協議会)

地域安全マップづくり講習会も開催します。

地域安全マップの作成を指導するポイントを学んでいただく、「地域安全マップづくり講習会」も開催しています。
講師は「地域安全マップ」の考案者である立正大学の小宮信夫教授です。
コンテストはもちろん、日々の防犯活動にも役立つ内容です。
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする