このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の防犯・交通安全の中の平成27年度女性防犯教室を実施しました!
本文はここから

平成27年度女性防犯教室を実施しました!

2015年10月14日

女性防犯教室in新潟市北区

 
 女性の犯罪被害を防止するために、女子学生の多く在学する大学の協力を得て、女性を対象とした防犯教室を実施しました。

日 時 平成27年10月10日(土)
場 所 新潟医療福祉大学
講 師 うさぎママのパトロール教室主宰
    安全インストラクター  武田 信彦 氏

 当日は、新潟医療福祉大学視機能科学科の学生及び公募参加者(地域の防犯リーダー)など約100名が参加しました。

 教室では、暴力的犯罪や性的犯罪の被害を受けないための、予防力(未然に身を守る知識・行動)、対処力(危険なことが起きたらどのように対処したらよいか)について講義や実技で学びました。
 
 参加者からは、「まず危険を意識し、未然に逃げることが大事であることが分かった。怖い場面に遭遇したら学んだことを活かしたい。」「被害にあってからの対処より、その前の予防が大事だと分かった。」「実技ができて良かった。楽しかった。簡単な動作を使っていろいろ応用したい。」「友達やみんなに伝える。」との感想が寄せられました。

 また当日は、女性防犯の重要性について広く県下に報道するため、多数の新聞社が取材の訪れました。
1 講義(不審者から身をまもる知識)
(1) 予防力
  〇 周囲の状況を「よく見る」、「よく聞く」ことが大事
   (視野を広く持つ、スマホに集中していてはだめ)
  〇 相手との距離をとる(90~100㎝以上)
(2) 対処力
  〇 危険な場面では、闘うよりも、逃げることを第一に考える。
  〇 まわりに助けを求めることも大事
2 実技
 (1) 予防トレーニング
  〇 三角歩き~死角や隙をなくす練習
  〇 新聞棒ゲーム~距離感をつかむ練習
 (2) 対処トレーニング(逃げるコツ)
  〇 どん、どん、ぱ~手首を掴まれた場合の逃げるコツ
  〇 スタンバイ、ザ、ターン~抱きつかれた場合の逃げるコツ
  〇 たん、たん、めん~抱きつかれた場合の逃げるコツ