このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の防犯・交通安全の中の特殊詐欺被害発生状況
本文はここから

特殊詐欺被害発生状況

2019年07月18日

平成31年1月~令和元年6月の特殊詐欺被害発生状況(新潟県警察調べ)

平成31年1月~令和元年6月の新潟県内の特殊詐欺発生状況は、被害件数が62件で前年同期と比べ12件減少しました。被害額は1億1,809万円で前年同期に比べ2,956万円減少しました。
前年同期と比べ、オレオレ詐欺が15件増えています。また、オレオレ詐欺の被害者は全て高齢者です。
  被害件数(件) 被害額(万円)
H30.1~6 H31.1~R1.6 増減 H30.1~6 H31.1~R1.6 増減
特殊詐欺 振込
詐欺
オレオレ 19 34 +15 3,498 5,908 +2,410
架空請求 46 26 ▲20 8,708 5,827 ▲2,881
融資保証金 6 2 ▲4 459 74 ▲385
還付金 2 0 ▲2 100 0 ▲100
小計 73 62 ▲11 12,765 11,809 ▲956
振込詐欺以外 金融商品 1 0 ▲1 2,000 0 ▲2,000
ギャンブル 0 0 ±0 0 0 ±0
異性交際 0 0 ±0 0 0 ±0
その他 0 0 ±0 0 0 ±0
小計 1 0 ▲1 2,000 0 ▲2,000
合計 74 62 ▲12 14,765 11,809 ▲2,956
※ 被害総額は概数
※ 特殊詐欺とは、電話等を用いて、対面することなく不特定の者から現金を騙し取る手口の詐欺のことです。これまでは「振り込め詐欺」で代表されていましたが、最近は「振り込め詐欺」のほか金融商品取引名目等の特殊詐欺も発生しています。



平成30年1月~12月の特殊詐欺被害発生状況(新潟県警察調べ)

平成30年1月から12月までの新潟県内の特殊詐欺被害は、被害件数が147件で前年と比べ61件減少し、被害額は4億598万円で前年と比べ約1億6,655万円減少しました。
被害者に占める高齢者の割合は44.9%で、オレオレ詐欺では高齢者の割合が100%でした。
振り込め詐欺被害のうち、62.6%を架空請求詐欺が占めています。はがきや電子メールを利用した架空請求詐欺が多く、インターネット等を利用する若い世代でも被害が発生しています。
特殊詐欺被害状況
  被害件数(件) 被害額(万円)
H29.1~12 H30.1~12 増減 H29.1~12 H30.1~12 増減



振込
詐欺
オレオレ 60 37 ▲23 14,525 10,683 ▲3,842
架空請求 125 92 ▲33 40,350 26,203 ▲14,147
融資保証金 11 13 +2 1,272 1,330 58
還付金等 9 3 ▲6 897 150 ▲747
小計 205 145 ▲60 57,044 38,366 ▲18,678
振込
詐欺
以外
金融商品 2 1 ▲1 204 2,000 1,796
ギャンブル 1 1 ±0 5 232 227
異性交際 0 0 ±0 0 0 0
その他 0 0 ±0 0 0 0
小計 3 2 ▲1 209 2,232 2,023
合計 208 147 ▲1 57,253 40,598 ▲16,655


特殊詐欺の詳しい状況は、新潟県警察本部のホームページを参考にしてください。