このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中のボランティア・NPOの中の協働のページ
本文はここから

協働のページ

2013年09月02日

協働とは

 「協働」について、県が平成20年3月に策定した「新潟県NPO活動の促進に関する指針」では、次のように定義づけています。
  「協働とは、住民、NPO、行政、企業等、多様な主体がお互いの立場を尊重した対等の関係で、共通の目的を達成するために協力して活動すること。」
 協働は、単に行政からNPOに業務を委託するといったようなことではなく、双方の主体性、専門性を生かしながら(主体性と専門性が共にある)協働することにより、双方にメリットが発揮される(Win Winの関係)とともに、単独で実施するよりも効果が上がる(1+1≧2)と考えられるものです。

協働に関する計画・指針・マニュアル等

協働に関する情報

協働のコーディネーター(中間支援組織)

 中間支援組織は、NPOと行政、企業などの地域の多様な主体の連携・協働が円滑に行われるよう、各主体間のコーディネーター役としての役割が期待されています。

NPOと行政職員の相互理解促進、職員の意識改革の取り組み

全庁的な協働取り組みの推進