このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の健康・医療・衛生の中の新潟県感染症情報(週報速報版)をお知らせします 平成30年第26週
本文はここから

新潟県感染症情報(週報速報版)をお知らせします 平成30年第26週

2018年07月04日
新潟県福祉保健部健康対策課
感染症対策係 (内線2709)

平成30年第26週:6月25日から7月1日まで

今週のトピック

◆ ヘルパンギーナの報告数が国の示す警報基準を超えました。(別紙1参照)
 県内の定点当たり報告数は全県で7.09となり、国の示す警報基準(定点当たり6)を超えました。例年、夏期に向けて報告数が増加しますが、今年は例年よりも早い時期から増え始めていることや、社会福祉施設等において集団発生が見られることから、十分な注意が必要です。
◆ 感染性胃腸炎に注意しましょう。(別紙2参照)
 県内の定点当たり報告数は全県で5.46となり、前週の6.28から減少しました。しかし、社会福祉施設等において集団発生が見られることから、引き続き十分な注意が必要です。
◆ 梅毒の届出がありました。(別紙3参照)

定点報告

全県に警報を発令している疾病:ヘルパンギーナ
国の示す警報基準以上となった管内のある疾病:
○咽頭結膜熱(警報基準3):村上
○A群溶血性レンサ球菌咽頭炎(警報基準8):魚沼
○伝染性紅斑(警報基準2):魚沼
○ヘルパンギーナ(警報基準6):上越
○急性出血性結膜炎(警報基準1):三条

全数報告データ

地域機関名の表示はすべて届出のあった「医療機関の所在地」ですので、御注意ください。

インターネットを御利用の方は、県保健環境科学研究所ホームページも御覧ください。

週報速報版(第26週)(PDF形式  114 キロバイト)
26wdata(PDF形式  131 キロバイト)
別紙1 ヘルパンギーナ(PDF形式  125 キロバイト)
別紙2 感染性胃腸炎(PDF形式  100 キロバイト)
別紙3 梅毒(PDF形式  106 キロバイト)
H29-H30感染性胃腸炎保健所別グラフ( 65 キロバイト)
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする