このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の健康・医療・衛生の中の新潟県感染症情報(週報速報版)をお知らせします 平成29年第36週
本文はここから

新潟県感染症情報(週報速報版)をお知らせします 平成29年第36週

2017年09月13日
新潟県福祉保健部健康対策課
感染症対策係 (内線2709)

平成29年第36週:9月4日から9月10日まで

今週のトピック

◆ 手足口病について、警報を継続します。(別紙1参照)
定点当たり報告数が全県で4.67と前週に比べ減少し、国の示す警報基準(定点あたり5)を下回ったものの、警報終息の基準(定点あたり2)を超えています。保育所等においても集団発生が見られることから、引き続き十分な注意が必要です。
◆ RSウイルス感染症に注意しましょう。(別紙2参照)
RSウイルスの報告数は、例年、秋から冬にかけて増加していますが、今年は6月下旬頃から増え始め、現在も高い水準で推移しています。保育所等においても集団発生が見られることから、十分な注意が必要です。
◆ 腸管出血性大腸菌感染症の届出がありました。(別紙3参照)

定点報告

全県に警報を発令している疾病: 手足口病
国の示す警報基準を超えた管内のある疾病:
○手足口病(警報基準5):新発田、長岡、南魚沼、十日町、柏崎、佐渡
○流行性耳下腺炎(警報基準6):村上、佐渡
○流行性角結膜炎(警報基準8):三条

全数報告データ

  
 1類感染症    届出なし             
 2類感染症   結核  新潟市4名、新発田2名、新津※1名、三条1名、長岡2名、糸魚川1名  
    ※そのうち、無症状病原体保有者2名(新潟市1、新津1)  
    ※新津は、新潟地域振興局健康福祉部管内(五泉市、阿賀町)  
 3類感染症    腸管出血性大腸菌感染症 2件      
      新潟市保健所管内    患者  10歳代男性(O157)  
      長岡地域振興局管内    患者    10歳代女性(O157)  
4類感染症   レジオネラ症 1件      
      上越地域振興局管内   患者    60歳代男性  
5類感染症   ウイルス性肝炎  1件      
      新潟市保健所管内    患者   30歳代男性  
 
地域機関名の表示はすべて届出のあった「医療機関の所在地」ですので、御注意ください。

インターネットを御利用の方は、県保健環境科学研究所ホームページも御覧ください。

週報速報版(第36週)(PDF形式  166 キロバイト)
36wdata(PDF形式  307 キロバイト)
別紙1 手足口病(PDF形式  216 キロバイト)
別紙2 RSウイルス感染症(PDF形式  190 キロバイト)
別紙3 腸管出血性大腸菌感染症(PDF形式  149 キロバイト)
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする