このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の健康・医療・衛生の中の海外での感染症予防について
本文はここから

海外での感染症予防について

2019年07月03日
 海外滞在中に感染症にかかることなく、安全で快適に旅行し、帰国することが出来るように、海外で注意すべき感染症及びその予防対策をお知らせします。

渡航前に確認しておきたいこと


〇検疫所のホームページや外務省のホームページで、渡航先の感染症の発生状況に関する最新や注意事項を確認しましょう。

〇これまで受けた予防接種について確認しましょう。国内の感染症を海外に持ち出さない、又は海外の感染症を国内に持ち込まないために、国内で予防接種が推奨される疾患であって予防対策が不十分なものがあれば、予防接種を検討しましょう。
〇予防接種が受けられる感染症については、余裕をもって医師にワクチン接種の相談をしておくなど、適切な感染予防を心がけましょう。

旅行中に注意すること

 海外では、日本にはない病気がたくさんあります。海外旅行では、時差や気候の違いなどから、(自覚していなくても)様々なストレスを受けます。この結果、免疫力が低下し、病気にかかりやすくなってしまいます。一生治療を続けなければならない病気もあります。無理のないスケジュールを心がけ、避けられる危険を避け、楽しい旅行にしましょう。

○生水・氷・カットフルーツの入ったものを食べることは避けましょう。
○食事は十分に火の通った信頼できるものを食べましょう。
○蚊・ダニに刺されないように、服装に注意し、必要があれば虫よけ剤を使うなどしましょう。
○動物は狂犬病や鳥インフルエンザなどのウイルスをもっていることがあります。またヒトコブラクダはMERSコロナウイルスを持っていることがあります。むやみに近寄ったり、触らないようにしましょう。
○薬物やゆきずりの性交渉で感染し、一生の後悔をすることのない行動をとりましょう。

帰国後に体調が悪くなったら

〇帰国時に発熱や下痢、具合が悪いなど体調に不安がある場合には、空港や港にある検疫所で健康相談をしてください。
〇帰国後しばらくしてから具合が悪くなることもあります。その際は、早急に医療機関を受診し、渡航先、滞在期間、渡航先での飲食状況、活動内容、動物との接触の有無、ワクチン接種歴などについて伝えてください。
〇その他不安な点は、最寄りの保健所にご相談ください。(平日午前8時30分から午後5時15分まで)
保健所連絡先一覧(PDF形式  50 キロバイト)

啓発資料等

PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする