このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の健康・医療・衛生の中の本県の12歳児のむし歯数は全国最少 18年連続日本一! 
本文はここから

本県の12歳児のむし歯数は全国最少 18年連続日本一! 

2018年05月29日
歯や口の健康普及マーク「ハビィー」

 文部科学省の平成29年度学校保健統計調査によると、本県の12歳児(中学1年)のむし歯数は全国で最も少なく、0.4本となりました。18年連続日本一を達成しました。
また、平成29年歯科疾患実態調査(新潟県)によると、むし歯のない12歳児の割合は82.1%と、調査を開始した昭和55年から最も高い結果となりました。

歯や口の健康普及マーク「ハビィー」

都道府県別の12歳児の一人平均むし歯数(平成29年度)
むし歯のない12歳児の割合年次推移(新潟県)

むし歯予防施策と成果


 新潟県は昭和56年に子どものむし歯予防に重点を置いた「むし歯半減10か年運動」を開始しました。
 当時は12歳児の90%以上がむし歯をもち、一人平均むし歯数が5本以上という状況でした。
 それから35年以上にわたり、県は県歯科医師会、大学、県教育委員会等と連携を図りながら、全国に先駆けて、学校等における集団フッ化物洗口や、学校と歯科医院が連携したむし歯予防を積極的に推進してきました。
 その結果、12歳児のむし歯数は13分の1以下に減少し、12歳児の8割は、永久歯のむし歯(治療済も含む)が1本もありません。
報道資料(PDF形式  787 キロバイト)


PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする