このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の市町村・地域振興の中の【柏崎】地域振興事業のご紹介(地域振興戦略事業調整費)
本文はここから

【柏崎】地域振興事業のご紹介(地域振興戦略事業調整費)

2015年10月30日

地域振興戦略事業調整費とは

 新潟県の各地域振興局が、それぞれの地域振興テーマを実現するための一定の予算枠のことです。
 地域振興局が直接実施するほか、市町村等と連携しながら実施することもあります。
 施設整備を伴わない、ソフト面での取組が対象となります。
 

平成27年度に実施する事業

柏崎地域観光振興戦略ビジョン推進事業

【事業の目的】
 柏崎地域の経済・雇用情勢は依然として厳しい状態にあります。これをプラス方向に転換するための一つの手段として観光産業の経済波及効果に着目し、平成25年度に策定された「柏崎地域観光振興戦略ビジョン」に基づいて観光振興を図るものです。

【事業内容】
1 柏崎地域観光推進協議会への参加
 柏崎地域(柏崎市、刈羽村及び出雲崎町を含む)の関係者が一体となって設立した観光推進組織に参加し、観光振興や誘客のための事業を行います。

2 かしわざき味堪能事業実行委員会への参加
 柏崎市及び柏崎観光協会などと共に構成する実行委員会に参加し、地元の食文化を活用して誘客につなげる「四っ蔵飲み鯛セット」などの事業を行います。

【実施状況】

かしかり虹まつり開催事業

【事業の目的】
 柏崎刈羽のさまざまな魅力を地域内外に発信し、知名度を高めて交流人口を拡大させることで地域振興を図るとともに、県の業務について理解を深めていただくことを目的としています。

【事業内容】
 かしかり虹まつりの開催(かしかり虹まつり開催実行委員会)
 実行委員会には、柏崎地域振興局、柏崎市、刈羽村、柏崎商工会議所、柏崎刈羽地区商工業振興協議会、柏崎観光協会、西山町観光協会、高柳町観光協会、柏崎農業協同組合、県建設業協会柏崎支部が参加しています。

【実施状況】

地域在来線利用促進事業

【事業の目的】
 「北陸新幹線」及び「えちごトキめき鉄道」開業をきっかけに、沿線地域が連携して地域在来線鉄道の利用を促進するとともに、観光交流人口の増加につなげることをめざします。

【事業内容】
 北信越スタンプラリーの実施(北信越マイレール事業実行委員会)
 実行委員会には、上越市、糸魚川市、妙高市、柏崎市、上越地域振興局、糸魚川地域振興局、柏崎地域振興局、十日町地域振興局が参加しています。

【実施状況】

港のにぎわいづくり事業

【事業の目的】
 四季を通じた観光魅力づくりの一つとして、春から秋まで楽しめるビーチスポーツの振興を支援し、誘客拡大をめざすものです。

【事業内容】
1 ビーチスポーツ・イベントガイドの作成と配布
2 ビーチスポーツ関係者との情報交換と連携

【実施状況】

柏刈地域食育推進事業

【事業の目的】
 柏崎刈羽の魅力あふれる食材と食文化を生かした食育の取組を、民間事業者(柏刈地域食育応援団)と地域振興局、柏崎市、刈羽村、関係団体が協働して推進することにより、食を通じた健康づくり、食文化の継承と発展等に寄与し、健康で文化的な地域づくりの実現をめざします。

【事業内容】
1 柏刈地域食育応援団プロジェクト会議の開催
 食育イベント企画や実施内容について検討します。

2 食育応援団事業者が開発した一品料理の普及啓発
(1)食育応援団事業者が地元食材を使用して開発した一品料理について、活動推進ワーキングを開催して普及・啓発方法を検討し、県民の野菜摂取量の増加につなげ、食生活改善を推進します。
(2)保育所や小中学校等において、応援団事業者等と協働して一品料理の調理実習等を行うことにより、子どもの地域の食への理解を促すとともに、応援団事業者の障害児への食の提供についての理解を深め、食育活動を促進します。

3 食育啓発期間やイベント等を活用した情報発信
 食育月間(6月)、かしかり虹まつり等を活用し、食育応援団と協働して食育の取組や一品料理の情報発信を行います。

【実施状況】

元気な山里づくり推進モデル事業

【事業の目的】
 中山間地域の活性化を図るため、地域資源を有効活用した都市との交流や新商品開発等に取り組むモデル事例を促進し、その成果を周辺地域に波及することをめざします。

【事業内容】
1 推進体制の整備
(1)事業計画の作成、事業の進行管理
(2)先進・先行事例調査の実施(体験交流、新商品化)

2 地域資源を活用した交流体験プログラムの創出
(1)新潟産業大学など外部人材を活用した地域資源の掘り起こしと活用検討
(2)伝統技能等の円滑な伝承による後継者の育成
(3)学校教育等との連携による体験交流プログラム(案)の検証

3 地域特産物を活用した新商品の開発
(1)外部専門家等を活用した新商品開発検討会の開催
(2)地域伝統野菜等の復活・拡大に向けた実証圃等の設置
(3)試作品モニター調査等(大学はおいしいフェア等への出品)

 この事業は「門出・田代べとプロジェクトの会」及び新潟産業大学と連携して実施します。
 

学校のみどり創出モデル事業

【事業の目的】
 将来を担う子供達に学校をフィールドとした緑化活動の機会を提供し、地域住民等と協働した活動を行ってもらうことで、都市緑化や県産材振興に対する意識啓発及び地域コミュニティの活性化を図ります。

【事業内容】
 柏崎市立剣野小学校をモデル校として、児童、PTA、地域住民が参加してビオトープ水路づくり活動を進めます。
 この事業は平成26年度から平成28年度までの3か年事業です。
 

平成26年度に実施した事業