このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の観光・イベントの中の【柏崎】ふるさとレポート:高柳の棚田 ~日本の棚田百選~
本文はここから

【柏崎】ふるさとレポート:高柳の棚田 ~日本の棚田百選~

2014年08月27日
 山間地の傾斜地に階段状に広がる棚田は、日本の原風景といわれるように美しく懐かしい景観を提供してくれます。
 また、自然のダムに例えられる水源涵養や洪水防止、生態系保護などさまざまな“恵み”ももたらしてくれます。
 「日本の棚田百選」に、柏崎市高柳町の3つの棚田が認定されています。

梨ノ木田の棚田

梨ノ木田の棚田
梨ノ木田の棚田

下流側から上側を望む

上流側から下側を望む

 黒姫川の源流に位置し、水資源の涵養の役割を果たしています。
 平成9年から10年にかけて「棚田地域等緊急対策事業(団体営)」で整備された3.5haの棚田です。
 山裾という立地条件にもかかわらず、農作業の効率化と維持管理の軽減により営農の継続がなされ、地域の宝として保全されています。
 周辺には、キャンプ場、黒姫山登山口などがあります。

アクセス

看板①
梨ノ木田の棚田

看板① 磯の辺集落へ向かう

きれいに刈り込まれた畦

柏崎ICから国道252号を高柳へ向かい、
岡野町の交差点を右折し県道へ。
岡野町を過ぎて、磯の辺集落へ向かう看板①を右折して約5km、
磯の辺集落を越えたところに梨の木田の棚田があります。
終点付近に刈羽三山の一つである黒姫山の登山口があります。(山頂まで往復で2時間程度かかります)

大開の棚田

展望台から望む大開の棚田
門出を祝う

展望台から望む大開の棚田

門出を祝う米づくり

 昭和55年から56年にかけて「中山間地域整備事業(県単)」で整備された2.7haの棚田です。
 農道の傾斜を緩やかにするため、水田は菱形に整地されています。

 用水路には蛍が生育し6月下旬から7月初旬にかけて多くの方が蛍狩りに訪れます。
 この地区の米は「門出」「大開」と縁起が良いことから、結婚式の引き出物として喜ばれています。

【ECHIGO棚田サポーターの活動】
 田んぼの農作業や維持管理作業を応援するECHIGO棚田サポーター活動が、毎年6月に実施され、多くの参加者で農道や水路の草刈りなどを行っています。
 サポーターの活動によって、営農の継続と地域の活性化が図られています。
ECHIGO棚田サポーターの皆さん(平成26年6月22日)

アクセス

看板②
看板 展望台→

看板② 県道脇にある

看板 展望台→

看板①のあった交差点から県道松代高柳線を十日町(松代)方面へ約5km進み門出集落内にある看板②の交差点を右折し少し進むと道路の広い部分がありますのでそこで駐車し、徒歩で約300m進むと大開の展望台に着きます。
木を伐採しただけの展望台がありますが、そのおもてなしの心がうれしいです。

周辺の見どころ

門出のかやぶきの里

この門出集落にあるかやぶきの家は宿泊施設として利用され、多くの方が訪れています。

門出のかやぶきの里(いいもち)

花坂の棚田

花坂の棚田
花坂の棚田

花坂の棚田

花坂の棚田

 傾斜地を巧みに整地して水田を造り、林の裾に用水路を通して水田まで引き込んでいます。
 この地域は、地すべり指定地域ですが、水田を耕作することで地すべりを未然に防止しています。地形に沿った畦畔の形が美しいです。

【ECHIGO棚田サポーターの活動】
 田んぼの農作業や維持管理作業を応援するECHIGO棚田サポーター活動が、毎年6月に実施され、多くの参加者で農道や水路の草刈りなどを行っています。
 棚田の環境を整備することで地域の宝として保全されています。
ECHIGO棚田サポーターの皆さん(平成26年6月22日)

アクセス

鯖石ダム
看板③

鯖石ダム

看板③ 板畑集落へ向かう

鯖石ダムを左手に見ながら県道を進むと交差点があるので、右折し、石黒集落へ向かいます。
石黒集落の交差点で国道353号を柏崎方面へ向かい、すぐ看板③が見えるので、その交差点を右折し板畑集落へ向かいます。
看板④

しばらく進み看板④のところで左折します。
道が狭く、心細い道を進むと棚田に到着します。

看板④ 花畑の棚田入口

案内図
案内図
位置図(Jpeg形式  86 キロバイト)

 ●地域レポーターから

 これから稲も実り田んぼが黄金色に輝く季節になります。

 カメラを片手に高柳町を散策してみるのもたのしそうです。

 先月のふるさとレポート「シャッターアート」も楽しむこともできると思います。

 柏崎農業振興部 H

その他の記事もぜひご覧ください。
柏崎地域振興局トップの中の企画振興部トップの中のふるさとレポート目次