このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の建設・まちづくりの中の平成23年7月新潟・福島豪雨対策検討委員会が知事へ提言書を渡しました。
本文はここから

平成23年7月新潟・福島豪雨対策検討委員会が知事へ提言書を渡しました。

2012年02月09日

平成23年7月新潟・福島豪雨対策検討委員会が知事へ提言書を渡しました。

 平成23年7月新潟・福島豪雨対策検討委員会が進めてきた五十嵐川、鹿熊川及び塩谷川の復旧方針、平成16年7月水害の検証、超過洪水対策などの検討結果が、「平成23年7月新潟・福島豪雨を教訓とする今後の治水対策のあり方について」としてまとまり、玉井信行委員長(金沢学院大学大学院教授)から知事へ提言されました。

●日 時 平成24年2月9日(木)13時から13時20分
●場 所 県庁知事室
●報告者 
  平成23年7月新潟・福島豪雨対策検討委員会
   委 員 長   玉井 信行
   副委員長   大塚 悟
   委  員   陸  旻皎
   委  員   安田 浩保

<詳しい内容については、以下の資料をご確認ください>
平成23年7月新潟・福島豪雨を教訓とする今後の治水対策のあり方について(PDF形式  238 キロバイト)
概要版(PDF形式  94 キロバイト)
参考資料(1/2)(PDF形式  7503 キロバイト)
参考資料(2/2)(PDF形式  1711 キロバイト)
(報道資料)(PDF形式  51 キロバイト)
標記委員会の開催状況(第1回~第5回)については、こちらをご覧ください。

平成23年7月新潟・福島豪雨対策検討委員会

PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする