このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の防災の中のハザードマップと浸水想定区域図
本文はここから

ハザードマップと浸水想定区域図

2015年02月04日

災害に強いふるさとづくり ~ソフト対策の推進~

 新潟県では、平成16年に発生した新潟・福島豪雨などをはじめ、洪水はん濫の被害を減少させるため、河川改修事業の整備を進めています。しかし、河川改修には多くの予算と時間が必要であり、完成までに長い年月を要している状況です。
 そのため、洪水によりはん濫等が生じた際、人的被害などの一般被害を少しでも軽減できるよう、事前に県民の皆さんに対して河川のはん濫に関する情報提供を行うソフト対策が重要となります。
 このことから、このホームページでは、新潟県が公表している浸水想定区域図と各市町村が作成したハザードマップを掲載しました。
 皆さんが住んでいる地域や周辺が洪水時のはん濫により、どのような浸水被害になるかを事前にご確認いただき、いざという時の避難活動にお役立てください。


浸水想定区域図は国や県が作成し、ハザードマップは市町村が作成します。 新潟県内の浸水想定区域図へ
新潟県内のハザードマップへ

土木部トップページへ