このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の建設・まちづくりの中の7.13新潟豪雨洪水災害調査委員会報告書について
本文はここから

7.13新潟豪雨洪水災害調査委員会報告書について

2009年02月02日
平成17年5月26日公開

1 調査委員会概要

 平成16年7月13日の梅雨前線豪雨により五十嵐川・刈谷田川で発生した水害について、今後の再発防止策の検討に資するために、洪水の検証、破堤のメカニズム等を技術的に検討し、今後の堤防整備・管理のあり方を提言する。委員長には、委員の互選により金沢大学大学院教授(東京大学名誉教授)の玉井信行氏が就任した。

2 開催実績

 計3回の委員会を開催し、洪水の検証、破堤のメカニズムの推定、今後の堤防整備・管理のあり方を議論し、この度それらに関する報告書が取りまとめられた。    
 平成17年5月26日、玉井委員長から泉田知事に報告書が提出された。

3 報告書

表紙・まえがき・目次・はじめに(PDF形式  314 キロバイト)
第1章 7.13新潟豪雨の状況(PDF形式  492 キロバイト)
第2章 洪水の検証
1 五十嵐川(PDF形式  750 キロバイト)
2 刈谷田川(PDF形式  1031 キロバイト)
第3章 破堤メカニズムの推定
1 五十嵐川(諏訪地区)(PDF形式  5908 キロバイト)
2 刈谷田川(中之島地区)(PDF形式  3451 キロバイト)
第4章 今後の堤防整備・管理のあり方(PDF形式  28 キロバイト)
資料(PDF形式  23 キロバイト)
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする
土木部トップページへ