このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の管理中の各ダムの概要(2)
本文はここから

管理中の各ダムの概要(2)


破間川ダム

破間川ダム

 烏帽子岳に源を発し、魚野川に合流する破間川に建設された破間川ダムは、昭和61年度に完成した重力式コンクリートダムです。
 自然豊かなダム上流には浅草岳登山道があり、国民宿舎浅草山荘や新潟県立浅草山麓エコミュージアムなどの施設が楽しめます。

ダムの所在地:新潟県魚沼市大白川新田
ダムの目的:洪水調節、河川機能維持のための用水補給、発電
ダムの高さ:93.5m
ダム上部の長さ:280.0m
総貯水容量:15,800千m3

破間川ダム(非常用洪水吐きからの越流状況;平成23年7月新潟福島豪雨)

広神ダム

広神ダム

 東山丘陵に源を発し、破間川に合流する和田川に建設された広神ダムは、平成22年度に完成した重力式コンクリートダムです。
 ダム湖は、ダムに水没した折中渓谷の名をとり「折中湖(せっちゅうこ)」と命名させていただきました。その周辺に小平尾緑地公園、兎畑公園と展望広場を整備しました。

ダムの所在地:新潟県魚沼市小平尾
ダムの目的:洪水調節、河川機能維持のための用水補給、発電
ダムの高さ:80.5m
ダム上部の長さ:225.0m
総貯水容量:12,400千m3

広神ダム

鯖石川ダム

鯖石川ダム

東頸城丘陵に源を発し日本海に注ぐ鯖石川に建設された鯖石川ダムは、昭和48年度に完成した重力式コンクリートダムです。
 ダム湖周辺は釣り愛好者でにぎわっています。またダムの下流には、農山村体験のできるじょんのび村や子供が主役の宿泊体験施設である県立こども自然王国もあります。

ダムの所在地:新潟県柏崎市門出・田代
ダムの目的:洪水調節、河川機能維持のための用水補給
ダムの高さ:37.0m
ダム上部の長さ:170.0m
総貯水容量:6,000千m3

鯖石川ダム

城川ダム

城川ダム

 正面倉山に源を発し、渋海川に合流する城川に建設された城川ダムは、平成8年度に完成した重力式コンクリートダムです。
ダム周辺には公園が整備され、毎年8月には真夏の雪祭り「冷やっ来いフェスティバル」が開催されにぎわっています。

ダムの所在地:新潟県十日町市室野・福島
ダムの目的:洪水調節、河川機能維持のための用水補給、上水道用水の補給
ダムの高さ:21.7m
ダム上部の長さ:85.5m
総貯水容量:297千m3

城川ダム

柿崎川ダム

柿崎川ダム

 米山小村峠に源を発し、日本海に注ぐ柿崎川に建設された柿崎川ダムは、平成15年度に完成したロックフィルダムです。
 ダムの上流に位置する米山は、三河の鳳来寺薬師、日向の法華岳薬師と並び日本三大薬師に数えられ、越後富士と呼ばれています。老若男女を問わず気軽に登ることができる山として行楽シーズンには多くの人が訪れます。

ダムの所在地:新潟県上越市柿崎区松留・上中山
ダムの目的:洪水調節、河川機能維持のための用水補給、上水道用水の補給
ダムの高さ:54.0m
ダム上部の長さ:424.0m
総貯水容量:5,000千m3

柿崎川ダム

正善寺ダム

正善寺ダム

 鉢巻山に源を発し、関川に合流する正善寺川に建設された正善寺ダムは、昭和59年度に完成した重力式コンクリートダムです。
 ダム湖畔にはアジサイが植栽され、地元住民の管理によってダム全体へ拡がりをみせ、例年6月から7月にかけて見頃となります。夜にはライトアップされ幻想的な雰囲気を醸し出しています。

ダムの所在地:新潟県上越市上正善寺
ダムの目的:洪水調節、河川機能維持のための用水補給、上水道用水の補給
ダムの高さ:47.0m
ダム上部の長さ:187.5m
総貯水容量:4,600千m3

正善寺ダム

久知川ダム

久知川ダム

 国見山に源を発し、両津湾に注ぐ久知川に建設された久知川ダムは、昭和60年度に完成した重力式コンクリートダムです。
 ダム周辺は海、山、川、湖と豊かな自然に恵まれていて、下流には国の重要文化財に指定された阿弥陀如来座像や通称朝鮮鐘のある長安寺があります。

ダムの所在地:新潟県佐渡市寒瀬下久知・新穂田野沢
ダムの目的:洪水調節、河川機能維持のための用水補給、上水道用水の補給
ダムの高さ:51.0m
ダム上部の長さ:131.8m
総貯水容量:1,669千m3

久知川ダム

大野川ダム

大野川ダム

 大地山に源を発し、国府川に合流する大野川に建設された大野川ダムは、昭和54年度に完成した重力式コンクリートダムです。
 ダム湖周辺には公園が整備され春はお花見、夏にはキャンプ、秋には紅葉見学の人でにぎわいます。またダム湖はヘラブナなどの釣り人に利用されています。

ダムの所在地:新潟県佐渡市新穂大野
ダムの目的:洪水調節、河川機能維持のための用水補給、上水道用水の補給
ダムの高さ:47.0m
ダム上部の長さ:183.0m
総貯水容量:1,390千m3

大野川ダム

新保川ダム

新保川ダム

 金北山に源を発し、国府川に注ぐ新保川に建設された新保川ダムは、既設の丸壺ダムを嵩上げすることにより昭和47年度に完成した重力式コンクリートダムです。
 ダムは、金北山の登山口、大佐渡山脈を縦走する大佐渡スカイラインの入り口にあり、行楽シーズンにはドライブ途中の人が湖畔で休憩する姿が見かけられます。

ダムの所在地:新潟県佐渡市北新保・千種
ダムの目的:洪水調節、河川機能維持のための用水補給
ダムの高さ:29.0m
ダム上部の長さ:199.0m
総貯水容量:500千m3

新保川ダム