このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の自然・環境の中の大通川におけるトリクロロエチレン環境基準超過について
本文はここから

大通川におけるトリクロロエチレン環境基準超過について

2017年12月05日
 平成29年2月に大通川でトリクロロエチレンが環境基準値を超過して検出されました。
 主たる汚染原因が判明し、事業者による応急措置が終了したことから、現在は環境基準値を下回っています。
 県及び新潟市では、大通川のトリクロロエチレンの汚染状態の監視を継続的に行うこととしており、監視結果は下表のとおりです。

トリクロロエチレン
  大通川 大通橋 大通川 桜田橋
H29.2.8 0.048
H29.2.9 0.016
H29.3.8 0.001未満 0.002
H29.4.12 0.001未満 0.001未満
H29.5.17 0.001未満 0.001未満
H29.6.14 0.001未満
H29.7.26 0.001
H29.8.16 0.001未満 0.001未満
H29.9.20 0.001未満
H29.10.18 0.001未満
H29.11.15 0.001未満 0.001未満
単位 mg/L
環境基準値 0.01mg/L以下

報道発表資料