このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の自然・環境の中の長岡地域における地盤沈下
本文はここから

長岡地域における地盤沈下

2019年03月14日

長岡地域における地盤沈下の状況

 長岡地域では、昭和36年に全国で初めての消雪パイプが設置され、現在でも消雪用の地下水利用が多い地域です。
 19年度以降、水準測量は隔年で実施しています。
 28~30年度の最大沈下量は1.9㎝(長岡市宮下町)であり、26~28年度の0.7㎝(同市福島町)を上回りました。
 長岡市では地下水保全条例を制定し、地下水利用の適正化を推進し、その保全を図っています。
 また、「長岡市地盤沈下緊急時対策実施要綱」に基づき、地下水の採取により地盤沈下が生じ、生活環境に被害が生ずるおそれがあると認める場合に、同市が注意報や警報を発令し、市民や大規模揚水設備設置者に地下水節水への協力等を求める措置を実施しています。
 今後とも関係機関が協力しながら、地盤沈下状況等の監視を継続し、監視結果を踏まえて効果的な地盤沈下防止対策を推進することとしています。

観測結果報告書:長岡地区の地盤沈下(43)(平成31年3月)

これまでに発行した観測結果報告書

長岡地域の地盤沈下量の経年変化

 
測量期間 沈下面積(km2) 最大沈下(cm)
総沈下面積 2cm以上(1年あたり)の沈下面積 最大沈下量 最大沈下地点
H24.9~H26.9 27.0   0 0.8※ 長岡市宮下町
H26.9~H28.9 19.1 0  0.3※ 長岡市福島町
H28.9~H30.9 32.7 0 1.0※ 長岡市宮下町
※2年間の沈下量から、1年間の沈下量を算出した。
長岡地域の主な水準点における地盤沈下の推移(PDF形式  75 キロバイト)


環境にいがたトップへ