このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の自然・環境の中の上越地域における地盤沈下
本文はここから

上越地域における地盤沈下

2019年03月14日

上越地域における地盤沈下の状況

 上越地域では、昭和40年代に工業用、上水道用地下水の大量揚水が主な原因で地盤沈下が進行しましたが、近年は消雪用地下水の大量揚水が主な原因になっています。
 特に昭和59年から61年は3年連続して豪雪に見舞われ、消雪用地下水の揚水量が大幅に増加し、全国ワースト1位から3位の地盤沈下が生じたことで、従来の上水道や工業用の規制から消雪用を重点とした各種の地盤沈下対策を展開することとなりました。
 県では、国の関係機関及び上越地域の関係2市とともに「上越地域地盤沈下防止対策基本指針」(平成10年度改定、平成20年度再改定)を策定し、地盤沈下防止対策を総合的かつ計画的に推進してきました。また、毎年冬季には降雪の状況等により、地下水位が著しく低下し地盤沈下の発生が懸念される場合の措置として、「上越地域地盤沈下緊急時対策」を実施しています。
 30年度の調査結果では、調査面積190.7k㎡の全域が沈下しました。
 年間最大沈下量は 2.8cm(上越市子安新田)であり、29年度の0.5cm(同市大潟区渋柿浜)を上回りました。
 最近5年間の累計沈下量の最大値は、上越市子安新田の4.5cm(29年度:同市新南町2.6cm)でした。
 引き続き、関係機関が協力しながら各種施策を推進するとともに、地盤沈下状況等の監視を継続し、監視結果に基づいた効果的な地盤沈下防止対策を推進することとしています。

上越地区の地盤沈下(48)(平成31年3月)

これまでに発行した観測結果報告書

上越地域の地盤沈下量の経年変化

 
測量期間 沈下面積(km2) 最大沈下(cm)
総沈下面積 2cm以上の沈下面積 最大沈下量 最大沈下地点
H25.9~H26.9 70.4 0 0.6 上越市遊光寺浜
H26.9~H27.9 180.0 0 2.0 上越市子安
H27.9~H28.9 58.8 0 0.3 上越市下門前
H28.9~H29.9 25.7 0 0.5 上越市大潟区渋柿浜
H29.9~H30.9 190.7 2.7 2.8 上越市子安新田
上越地域の主な水準点における地盤沈下の推移(PDF形式  95 キロバイト)

上越地域地盤沈下緊急時対策




かんきょうにいがたのトップへ