このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の自然・環境の中の環境ホルモン
本文はここから

環境ホルモン

2017年01月19日
○ 外因性内分泌かく乱化学物質(環境ホルモン)は、科学的に未解明な点が多く残されているものの、人や野生生物の正常なホルモン作用をかく乱し、生殖機能を阻害するなど悪影響を及ぼす可能性があるとされています。
○ 県では、平成10年度から12年度にかけて、県内の河川における環境ホルモンの存在状況を調査し、13年度以降、検出頻度の高かった項目及び魚類への内分泌かく乱作用を有することが推察された物質を中心に、代表的な河川で水質及び底質のモニタリング調査を行いました。
 さらに、19年度までの調査結果を踏まえて、20年度から25年度※まで、県内19河川で調査を行いました。
 ※23年度に調査項目を変更。
○ 26年度からは、3年間かけて、県内7海域10水域で調査を実施しました。
  

26~28年度の調査計画

1 調査地点
  県内7海域10水域 
2 調査項目
  水質:2,4-ジクロロフェノール、アルキルフェノール類、ビスフェノールA
26~28年度の調査計画はこちら(Excel形式  32 キロバイト)

これまでの調査結果

○ 26~28年度調査

26~28年度調査結果(Excel形式  17 キロバイト)
○ 26~28年度調査結果の概要
 ・2,4-ジクロロフェノール、アルキルフェノール類、ビスフェノールAは、すべての地点で検出されなかった。

【訂正情報】平成28年1月6日
 平成27年9月16日に採水した西頸城地先海域No.3地点及び同No.6地点のノニルフェノールは、有効な測定ができなかったことが判明したため、「欠測」としました。

○ 23~25年度調査

23~25年度調査結果(Excel形式  57 キロバイト)
○ 23~25年度調査結果の概要
1 水質
 ・2,4-ジクロロフェノールは、すべての河川で検出されなかった。
 ・アルキルフェノール類のうちノニルフェノールは、1河川で検出された。(検出濃度:0.05μg/L)
 ・ビスフェノールAは、3河川で検出された。(検出濃度:0.01~0.03μg/L)
    
2 底質
 ・2,4-ジクロロフェノールは、すべての河川で検出されなかった。
 ・アルキルフェノール類のうちノニルフェノールは、4河川で検出された。(検出濃度:10~49μg/kg)
 ・ビスフェノールAは、3河川で検出された。(検出濃度:5~12μg/kg)

※ 水質、底質とも、検出された物質の濃度はすべて過去の調査結果の範囲内 

過去の調査結果

20~22年度調査結果(Excel形式  25 キロバイト)
19年度調査結果(Excel形式  31 キロバイト)
18年度調査結果(Excel形式  26 キロバイト)
17年度調査結果(Excel形式  30 キロバイト)
16年度調査結果(Excel形式  37 キロバイト)
15年度調査結果(Excel形式  42 キロバイト)
14年度調査結果(Excel形式  36 キロバイト)
13年度調査結果(Excel形式  44 キロバイト)

環境省における取組方針



    かんきょうにいがたとっぷへのりんく