このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の自然・環境の中の佐渡トキ野生復帰10周年記念式典
本文はここから

佐渡トキ野生復帰10周年記念式典

2018年10月14日
式典リーフレット
式典リーフレット(表)
平成20年にトキの放鳥をスタートさせてから10年が経過しました。平成28年には42年ぶりに野生下生まれ同士のペアからヒナが誕生し、巣立ちを迎えるなど、トキの野生復帰は着実に進んでいます。節目となる本年、環境省、新潟県、佐渡市、地域住民代表で構成する佐渡トキ野生復帰10周年記念式典実行委員会は「佐渡トキ野生復帰10周年記念式典」を下記のとおり開催します。
トキや佐渡の自然に興味をお持ちの方、地元にお住まいの方など、多くの方のご来場をお待ちしています。(下の「2 参加方法」の申込フォームから事前申込みをお願いします。)

1 式典概要

 (1)式典日時・内容等

 ① 記念式典・記念フォーラム
 ・日時 10月14日(日) 15時15分~17時25分
 ・場所 両津文化会館(佐渡市梅津)
 ・実施内容
  トキ保護活動に取り組んでいる団体に環境大臣感謝状が贈呈される他、トキとの共生に向けた保護活動などの紹介や、様々な分野の方々がトキの未来について語ります。
   ○トキの保護活動等の紹介「トキと人との物語」 ナレーター:北原里英氏(女優)
   ○座談会「トキの未来を語る」 コーディネーター:増子ゆかり氏(アナウンサー)
    パネラー(予定)
    ・永田尚志氏(新潟大学 教授)
    ・若松徹氏(環境省佐渡自然保護官事務所 首席自然保護官)
    ・板垣徹氏(人・トキの共生の島づくり協議会長)
    ・加藤登紀子氏(元佐渡トキ環境親善大使・歌手)
    ・三浦基裕氏(佐渡市長)

 ② 放鳥式典
 ・日時 10月15日(月) 11時50分~12時20分
 ・場所 両津運動広場(佐渡市城腰)
 ・実施内容
  主催者、来賓、トキ保護活動感謝状受彰者、佐渡市内小学生等により10羽程度のトキを放鳥します。

※①、②ともに時間は変更となる場合があります。

 (2) 交通手段

下記のとおりシャトルバスを運行します。

 ① 10月14日(日)
  【行き先】両津文化会館(記念式典・記念フォーラム会場)
  【発着場所】
   ・佐渡市役所本庁舎
   ・道の駅 芸能とトキの里
   ・佐渡汽船両津港ターミナル
    ※市役所、道の駅には参加者用の臨時駐車場を確保します。

 ② 10月15日(月)※会場周辺は交通規制により車での来場はできません。

  【行き先】両津運動広場(放鳥式会場)
  【発着場所】  
   ・おんでこドーム
   ・道の駅 芸能とトキの里
   ・佐渡汽船両津港ターミナル
    ※おんでこドーム、道の駅には参加者用の臨時駐車場を確保します。

※発着時間や乗降場所などの詳細は、参加登録完了後に送付する「参加証」にてお知らせします。

 (3)荒天時等の対応

 ① 記念式典の開催が困難な場合
   気象状況等により、スケジュールを変更又は中止することがあります。
 ② 記念式典等の中止又は変更のお知らせ
   ホームページ、佐渡汽船新潟港等でも情報提供を行います。また、テレホンサービスにて、荒天等による変更又は中止等の情報をお知らせします。テレホンサービスの電話番号及び実施期間等は参加証やホームページ等で案内します。

2 参加方法

14日の記念式典・フォーラム及び15日の放鳥式典に参加するには、事前に参加申込みをしていただく必要があります。
下記「申込フォーム」からお申込みください。
※参加申込みをいただいた方には後日参加証を送付します。当日は参加証をお持ちください。
※個人情報は、本式典の実施目的以外には使用しません。

3 式典関連情報

◆ 式典リーフレットのダウンロードはこちら

式典リーフレット(PDF形式  1274 キロバイト)

◆ 環境への配慮について

この式典に伴い排出されるCO2は、「トキの森クレジット」(公益社団法人新潟県農林公社発行)によりカーボン・オフセットを実施し、「CO2ゼロ」の式典としています。その他、招待者及び一般参加者の移動は、パークアンドライド方式とし、シャトルバスを運行するなど、できるだけ環境に配慮した取組を実施します。

◆ 報道発表

◆ その他

◆ 記念式典に関する問合せ先

佐渡トキ野生復帰10周年記念式典実行委員会事務局
(新潟県県民生活・環境部環境企画課)
電話番号:025-280-5152、5151