このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の報道発表資料の中のツキノワグマによる人身被害の未然防止のため注意を呼びかけています。
本文はここから

ツキノワグマによる人身被害の未然防止のため注意を呼びかけています。

2019年04月23日
 春から秋にかけては、ツキノワグマが活発に行動する時期となります。
 県では山菜採りや登山など山に入る機会が多くなる時期を迎え、人身被害の未然防止のため、市町村や関係機関と連携して十分な注意と備えを呼びかけています。
 〈本年の状況〉
   ・昨年はブナの実が豊作でメスの栄養状態がよく、今春は産まれた子グマの数が多いと予想されています。
   ・近年、春にも多くの目撃情報が寄せられており、春から注意が必要です。
クマによる人身被害防止のポイント
 〇 クマと遭遇しないために
  ・地域の目撃情報を確認し、クマのいるところには近づかないようにしましよう。
   ※新潟県ホームページで最新のクマ出没情報を提供しています。
    (にいがたクマ出没マップ)http://ngt-webgis.jp/kuma/
  ・入山時、単独行動を避け、ラジオや鈴などの音の鳴るものを携行しましょう。
  ・クマの活動が活発な早朝や夕方の入山は避けましょう。
 〇 クマを寄せ付けないために
  ・山間地域で生ゴミや不要となった農作物は適切に処分しましょう。
  ・クマが隠れそうな集落周辺や河川敷などの藪は刈払いましょう。
時期別目撃数の推移と人身被害発生状況

報道資料(ツキノワグマによる人身被害の未然防止のため、注意を呼びかけています。)(PDF形式  152 キロバイト)
本件についてのお問い合わせ先
県民生活・環境部環境企画課
課長補佐 五十嵐
(直通)025-280-5691 (内線)2691
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする