このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の自然・環境の中の平成28年度 優れた率先行動の取組表彰
本文はここから

平成28年度 優れた率先行動の取組表彰

2017年04月13日

表彰の目的

職員一人ひとりの環境保全行動への取組意欲を高めるとともに、率先行動計画の一層の推進を図るため、各所属等で取り組まれている、優れた環境負荷低減の取組を表彰しています。

平成28年度の受賞者

 平成28年度は、6の取組の中から、環境負荷の低減に向け特に優秀な取組であると認められた次の3チームを受賞者として決定しました。
 特に定例的な業務を見直すことで、紙の使用量の削減につなげた取組等が評価されました。

知事賞:新潟テクノスクール
優秀賞:上越地域振興局健康福祉環境部
優秀賞:阿賀野警察署

表彰式の写真です

取組の内容

知事賞  新潟テクノスクール

公共職業訓練(年間約100コース)の入試で使用する用紙の縮減、準備作業の短縮等に向けた取組を実施

○入試問題のひな形の見直し、レイアウトの工夫により、
 A4版問題用紙4枚+答案用紙1枚を、A3版両面に収めた。
○年間の紙使用量をA4用紙6,500枚からA3用紙1,300枚に削減
 (紙の使用枚数を約8割削減)
○この他、保管場所の圧縮、作業時間の短縮などの効果もあった。

優秀賞  上越地域振興局健康福祉環境部

硝酸銀試薬を用いる水質検査の少量廃液について、有価物への転換と廃液の減量化を検討・実施

○従来は、廃液を産廃処理していたが、廃液中には売却できる銀化合物が残っていることから、廃液の分別と洗浄処理を実施
○24年度から銀化合物を保管。今年度、純銀約2.8kgを売却
 (廃液処理費用の削減と合わせ、約18万円の効果)

優秀賞  阿賀野警察署

東日本大震災を契機に平成23年度に省エネを推進し、一定の成果を得たことから、継続して省エネ対策(照明のLED化)を推進

○効果が高いと思われる箇所から、照明器具をLED機器に取替え
 ・H27.3 24時間使用となる1階事務室を交換
 ・H28.3 本署庁舎内事務室などを交換
○ H26年度と比較し、約16%の電気使用量削減の効果があった。

環境にいがたに戻る