このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の自然・環境の中の新潟県エコライフコンテスト
本文はここから

新潟県エコライフコンテスト

2016年12月02日
平成27年度の新潟県エコライフコンテストを受賞されたみなさんの活動を紹介しています。

平成27年度のエコライフコンテストを受賞した皆さんの活動を紹介しています

平成27年度は募集テーマを「住まいに関する我が家のエコ」とし、みなさんが普段の暮らしの中でおこなっている「住まい」に関する環境にやさしいライフスタイルの実践的な取組を募集しました。



【髙橋 夢翔さん】
「エアコンなしで部屋を涼しくするにはどんな工夫が必要か?」

 「エアコンなしで部屋を涼しくするにはどんな工夫が必要か?」
 夏休みの自由研究として、小学2年生から温度変化について調べ、その中で得られた結果を、その年の部屋を涼しくする工夫として利用しています。「家のまわりには、温度上昇の早いアスファルトや土だけではなく、打ち水をするのに効果的な芝生をしく。」「風の方向に合わせて吹いてくる方に打ち水をする。」など自然の力で快適に過ごしています。
髙橋さんのみなさんの取組はこちらからご覧になれます(PDF形式  674 キロバイト)


【髙橋 則夫さん】
「家の中の風通しを出来るだけ良くしよう!」

 近くに川がある立地を活用し、夏は川風が通るように、冬は北西風の影響を受けないように考慮した住宅を建築しました。さらに、夏場は扇風機や湿したタオルを利用し、冬場はストーブの温風の一部をこたつに利用するなど工夫をしながら過ごしています。
 また、風呂の残り水も必ず洗濯用水に使用しています。
髙橋さんの取組はこちらからご覧いただけます(PDF形式  433 キロバイト)


【小林 諒さん】
「総合力」

 ソーラ発電とLED電灯の使用による節電、雨水を利用した水やりや掃除、生ごみを土にかえすことによるゴミの削減と庭の土の再生、グリーンカーテンによる暑さ対策と、1つのことだけではなく、家庭できることにはすべて取り組んでいます。
小林さんの取組はこちらからご覧になれます(PDF形式  682 キロバイト)


【星 麻衣さん】
「習慣づけて無理なく楽しむ住まい」

 牛乳パックと着なくなった服での小物入れ作り、トイレットペーパーの芯での「のれん」「なべしき」作りと1度使った資源を全く別の物として再利用しています。また、ゴミの分別・減量のほか、ペットボトルキャップの回収への参加やエコバッグでの買い物など小さなことですが、コツコツと地道に続けています。
星さんの取組はこちらからご覧になれます(PDF形式  897 キロバイト)

平成27年度 他の受賞者のページ


過去の受賞者の紹介