このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の自然・環境の中のセアカゴケグモに注意しましょう
本文はここから

セアカゴケグモに注意しましょう

2015年12月02日
 新潟県内の複数の箇所で特定外来生物であるセアカゴケグモが発見されています。
 セアカゴケグモのメスは毒をもっており、咬まれることがありますので、素手で捕まえたり、触ったりしないよう、注意してください。

特徴

 雌の体長は、約7~10mm。全体が黒色で、腹部の背面に目立った赤色の縦条がある。
 雄の体長は約4~5mmで、腹部背面は灰白色で中央に縁取りのある白い斑紋があり、その両側に黒紋が2列に並ぶ。
 毒を有するのは雌のみであり、雄は無害。
(新潟市提供)

生息場所

 日当たりが良く、地面のある広い場所であれば、コンクリート建造物や器物のあらゆる窪みや穴、裏側、隙間、管渠、アングル部分に営巣が可能。

セアカゴケグモは「特定外来生物」です

 セアカゴケグモは、外来生物法の「特定外来生物」に指定されており、生きたまま保管や運搬等をすることが禁止されています。

 見つけたら、ただちに駆除するようにしてください。

  ・市販の殺虫剤で駆除
  ・熱湯をかける
  ・靴でふみつぶす (素手で触れることは危険です)

咬まれたときの症状

 ・局所の疼痛、熱感、痒感、紅斑、硬結、区域リンパ節の腫張が生じます。
 ・通常は数時間から数日で症状は軽減しますが、時に脱力、頭痛、筋肉痛、不眠などの全身症状が数週間継続することがあります。
 ・重症例では、進行性の筋肉麻痺が生じます。

咬まれた場合は

 ・咬まれたときは、すみやかに医療機関にご相談ください。
 ・重症化した場合は抗毒素血清による治療が必要です。
 ・咬んだクモの種類がわかるように、できれば殺したクモを病院へご持参ください。

報道発表資料

セアカゴケグモが発見されました(PDF形式  66 キロバイト)

参考(外部リンク)