このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の募集・申込みの中の家庭で省エネにチャレンジしていただきました。
本文はここから

家庭で省エネにチャレンジしていただきました。

2013年03月29日
【リーフレット】家庭における省エネ対策 ~「エネルギーの見える化」で効果増大~(PDF形式  5143 キロバイト)

1 家庭における省エネ対策は?

家庭における省エネ対策は以下のとおりです。
電気代節約額も参考に、省エネに取り組んでみてください。

2 見える化による省エネ効果

 県では、モニターの方々から、県の省エネナビ(※)を設置し、省エネ対策に取り組んでいただきました。その省エネナビによって、
時間ごとの電気使用量がグラフ化されることで、電気を多く使う家電製品がわかり、削減効果のある省エネに取り組むことができます。
また省エネ対策の削減効果が見えることで、より一層の取組意欲が得られます。
 これにより、電気使用量は2年間で合わせて平均19%削減されました。
※省エネナビ:
 家庭の配電盤に設置し、時間ごと(15分、1時間、1日)の電気使用量を数値及びグラフで表示、記録する機器
<モニターの感想>
 ・使用電力が見え、無理せずに電気の無駄を見つけ、生活レベルを落とさずに省エネできた。
 ・子どもたちも省エネに興味をもち、意識を共有し、家族でいっしょに省エネできた。

3 見える化をすすめる機器

 家庭で使用している電気使用量を計測することができる機器は、主に4つの種類があります。これらの機器をうまく使って、
より効果的な省エネ対策に取り組みましょう。
※所有する家電製品が自動制御に対応した製品であることが必要です。
環境にいがたトップページへ