このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の自然・環境の中のフロンの適正な管理を行いましょう
本文はここから

フロンの適正な管理を行いましょう

2016年09月01日

オゾン層保護と地球温暖化防止のためのフロン排出抑制

 フロン類はオゾン層を破壊する原因物質であると同時に、二酸化炭素の数百倍から1万倍程度の温室効果を持つ強力な温室効果ガスでもあります。
 オゾン層の保護はもちろんのこと、地球温暖化防止のためにも、いま使われているフロンを大気中に放出しないよう、フロン類の管理の適正化や排出の抑制を進めることが大切です。

新潟県のフロンの適正管理の推進

フロン排出抑制法

 従来の「フロン回収・破壊法」が改正され、平成27年4月より「フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律(フロン排出抑制法)」が全面施行されました。
 フロン排出抑制法では、製造から廃棄までのフロン類のライフサイクル全体が規制対象になっており、各段階の当事者は「判断の基準」の遵守などの取組が求められることになりました。

新潟県フロン回収事業協会

 県内のフロン類の回収・破壊を徹底するため平成19年度、主に県内のフロン回収事業者を会員とする「新潟県フロン回収事業協会」が設立されました。
 フロン回収の徹底を促進するため、フロン類の確実な回収・破壊の仕組みづくりについて関係業界・団体と連携して取り組んでいます。

新潟県のフロン類回収量の推移

 平成17年度以降、フロン類充塡回収業者から報告のあった回収量実績は次のとおりとなっています。
 なお、19年度以降の回収量については、法改正により、整備(メンテナンス)分も含まれています。

フロン使用機器の廃止、又はメンテナンスの際には…



環境にいがたトップページへ