このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の自然・環境の中のオゾン層を守るために
本文はここから

オゾン層を守るために

2015年08月05日
 オゾン層保護対策は、条約に基づき国際的に協力して進められており、日本では「オゾン層保護法」を制定し、CFC(代表的なフロン)等の生産規制等を実施しています。

フロンとは

 フロンとは、炭素、フッ素、塩素等が結合した化合物の総称で、代表的なものに、次の3種類があります。

国際的な取組

 オゾン層の保護は、地球環境問題として国際的に取組が進められてきました。
 1985年の「オゾン層保護のためのウィーン条約」及び1987年の「オゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書」の採択により、CFC等の生産量や消費量の段階的削減が行われてきました。
 その後、議定書の改正などにより、規制スケジュールの前倒しや規制物質の追加など規制が強化されています。特定フロン(CFC5種)、四塩化炭素、1,1,1-トリクロロエタンは、1995年末で全廃、臭化メチルは、2005年末で全廃、また、HCFCは2019年末までに全廃されることになっています。

オゾン層保護法

 日本では、1988年5月に世界に先駆けてオゾン層保護法を制定しました。
同法では、モントリオール議定書で生産量等の規制の対象となっている物質を「特定物質」として、次のことが定められています。

1 議定書に定められたスケジュールに沿った特定物質の製造数量等の規制
2 特定物質の使用事業者に対する排出抑制・使用合理化の努力義務
3 オゾン層及び大気中の特定物質濃度の状況の観測及び監視



環境にいがたトップページへ