このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の自然・環境の中のこどもエコクラブ全国フェスティバル
本文はここから

こどもエコクラブ全国フェスティバル

2019年03月15日

三ツ星エコクラブ(魚沼市)が「こどもエコクラブ全国フェスティバル2019」へ参加します

 全国で環境活動に取り組む子どもたちが集い、交流を深め、地球の未来に向けた学習や活動発表等を行う「こどもエコクラブ全国フェスティバル2019」が開催されます。
 この全国フェスティバルには、各都道府県から1クラブが主催者により選抜され、参加することができます。



1 選抜クラブ
  三ツ星エコクラブ(魚沼市)

2 日時
  平成31年3月24日(日) 10:00~15:30

3 会場
  国立オリンピック記念青少年総合センター
  (東京都渋谷区代々木神園町3-1)

4 主催
  公益財団法人日本環境協会
  (こどもエコクラブ全国事務局)

5 選抜クラブについて
  選抜クラブは、日頃のエコ活動をまとめた「壁新聞」を提出したこどもエコクラブの中から、活動の独創性、発展性、アピール力、地域との密着度の観点から選ばれたクラブです。各都道府県から原則1クラブ選出されます。


三ツ星エコクラブの壁新聞「三ツ星エコ新聞」

三ツ星エコクラブの壁新聞「三ツ星エコ新聞」

【参考:こどもエコクラブ事業】
 「こどもエコクラブ」事業は、次世代を担う子どもたちが、人と環境との関わりについての体験を積み重ねながら、環境を大切にする心を育んでいくことを目的として、平成7年度に環境省事業として始まり、現在は公益財団法人日本環境協会(こどもエコクラブ全国事務局)が実施しています。
 平成31年2月末現在、全国で1,798クラブ、101,029人が参加しており、県内では27クラブ、1,205人が参加しています。



過去の様子

粟島にこにこクラブが「こどもエコクラブ全国フェスティバル」に参加しました

 
 平成22年3月27日(土)に、東京都の日本科学未来館で「こどもエコクラブ全国フェスティバル」が開催されました。
 新潟県からは、「粟島にこにこクラブ」が選抜クラブとして選ばれ、全国フェスティバルで壁新聞セッションや環境教室等に参加しました。
 また、応募していただいた壁新聞は全て会場に展示され、多くの方々に見ていただきました。
 フェスティバル当日の様子や、粟島にこにこクラブのみなさんの感想をご紹介します。



壁新聞セッションの様子です。
自分たちの活動をPRするだけでなく、他県の壁新聞の取材もしました。
また、名刺交換をしたり、粟島のパンフレットを配ったりして、たくさんの人と交流しました。


ロッテガム(株)主催のガム作り教室です。
他県のお友達と協力して、おいしいガムができました。


粟島にこにこクラブの皆さんの感想の一部をご紹介します。

◆環境教室では、ロッテガムのクイズが2問までしか解けなかったけど、楽しいクイズでした。ガム作りは友達と協力してできました。

◆他の壁新聞を見たら、僕たちのよりうまいなあと思いました。色使いや文字の書き方などが上手だなあと思いました。また来年も頑張って新聞を作って参加したいです。

◆こどもエコクラブの活動は大変だったけど、僕たちが作った新聞が新潟県代表に選ばれた時はうれしかったし、実際に全国の人たちと交流できたことは、とても楽しかったです。