このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の建設・まちづくりの中の11月10日に克雪住宅セミナーを小千谷で開催
本文はここから

11月10日に克雪住宅セミナーを小千谷で開催

2018年10月23日

克雪住宅セミナーin小千谷~雪に備える 気象予報士×建築士~

積雪期において屋根雪下ろしの事故が多発している中、県では「新潟県住宅の屋根雪対策条例」を制定し、屋根雪下ろし不要の克雪住宅の普及と屋根雪下ろし作業時の安全確保を推進しているところです。
この度、住宅の新築・リフォームに関心のある方に向けて、克雪住宅への理解を深めてもらうことを目的とした克雪住宅セミナーを小千谷市内で開催します。
また、今冬の積雪の見通しについて、プライムニュース(NST)にレギュラー出演中の気象予報士・清水祥太さんから解説してもらいます。
報道資料(PDF形式  91 キロバイト)

1 開催日時・会場

日時 平成30年11月10日(土)13:30~15:30(会場13:00)
場所 小千谷市産業総合会館サンプラザ 大ホール
住所 小千谷市城内1丁目8番25号

2 プログラム

■基調講演「記録的な大雪から一年 今シーズンの冬の見通し」
          講師 気象予報士 清水 祥太氏
大きな被害をもたらした昨年の豪雪から一年。
今年は特に、猛暑や台風・水害など気象について注目が集まりました。この冬の見通しについて、気象予報士の観点から解説します。
■パネルディスカッション「雪に備える克雪住宅」
        コーディネーター 清水 祥太氏
         パネリスト    西方 邦夫氏(小千谷建築士会会長)
                    水落 弘信氏(雪国住宅研究会会長)
                    郷  拓郎氏(小千谷建築士会会員)
雪下ろしのいらない「克雪住宅」について、落雪式、耐雪式、融雪式の各方式について事例を交えて、一級建築士が解説します。
チラシ(表)
チラシ(裏)

3 参加費・参加申込み方法

参加費は無料です。

希望される方は、下記のいずれかの方法で申し込んで下さい。
【メール申込先】ngt160030@pref.niigata.lg.jp 
①参加希望会場、②参加者氏名、③参加者所属(所属団体、勤務先など)、④電話番号を記入し、上記アドレスに送信。

【FAX申込先】025-285-6840 
下記チラシ裏面の参加申込み書に必要事項を記入し、送信。

【電話 申込先】 025-280-5442
  ①参加希望会場、②参加者氏名、③参加者所属(所属団体、勤務先など)、④参加者電話番号についてお伝え下さい。
克雪セミナー チラシ(PDF形式  512 キロバイト)

4 「新潟県住宅の屋根雪対策条例」を知っていますか?

 新潟県では、平成22年の豪雪時に住宅の屋根雪処理時の事故が多発したこと受け、積雪期でも安心して暮らせる地域社会の実現に向けて「新潟県住宅の屋根雪対策条例」を平成24年に策定し、克雪住宅の普及や、屋根雪下ろし作業時の安全確保について取り組んでいます。
 屋根雪対策に特化した条例は「全国初」の条例です。

屋根雪対策条例の概要

屋根雪対策条例に基づく取組

PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする