このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の建設・まちづくりの中の「のぼり」や「パネル」で克雪住宅をアピールしませんか?
本文はここから

「のぼり」や「パネル」で克雪住宅をアピールしませんか?

2019年04月10日
 新潟県では、全国初の「住宅の屋根雪対策条例」を策定するなど、雪に強い克雪住宅の推進をしています。
 この取組の一環として、県が所有する啓発用品を、事業者が克雪住宅の完成見学会を開催する際に貸出しを行っています。

1 貸出し対象者

新潟県内の市町村が実施する克雪住宅の整備への助成事業を適用した克雪住宅を工事監理若しくは施工する事業者。

2 貸出し可能な啓発用品

のぼり展示状況

のぼり(1.8m×0.6m)

パネル A1×8枚
パネルデータ(IllustratorデータをDVD-Rで提供)

補足:パネルの詳細

貸出し可能なパネルは次のとおりです。必要なパネルは1枚から貸出しが可能です。希望するパネルの番号を利用申込書に記入して下さい。
パネル番号1 「雪のふるさと新潟」
パネル番号2 「雪につよい住まい~克雪住宅~」

パネル番号1 「雪のふるさと新潟」

パネル番号2 「雪につよい住まい~克雪住宅~」

パネル番号3 「耐雪式住宅の特徴」
パネル番号4 「耐雪式住宅の実例」

パネル番号3 「耐雪式住宅の特徴」

パネル番号4 「耐雪式住宅の実例」

パネル番号5 「落雪式住宅の特徴」
パネル番号6 「落雪式住宅の実例」

パネル番号5 「落雪式住宅の特徴」

パネル番号6 「落雪式住宅の実例」

パネル番号7 「融雪式住宅の特徴」
パネル番号8 「融雪式住宅の実例」

パネル番号7 「融雪式住宅の特徴」

パネル番号8 「融雪式住宅の実例」

2 利用の流れと申込み方法

1 事業者は、利用申込書に必要事項を記入し、県に提出します
2 県は、申込み内容を確認し、利用事業者を決定します。
3 利用事業者に対して、啓発用品を県から所定の住所に送付します。(送料は県が負担します)
4 利用事業者は、啓発用品の使用状況について写真等で記録を残します。
5 利用後、利用事業者は啓発用品を県に返却し、合わせて使用状況の写真とイベント参加人数を県に報告します。(送料は事業者で負担願います。)

3 利用申込み書

 利用申込みについては、下記申込み書の必要事項を記入の上、新潟県建築住宅課(メールngt160030@pref.niigata.lg.jp FAX025-285-6840)までお申し込み下さい。
克雪住宅啓発用品利用申込み書(WORD形式  16 キロバイト)
克雪住宅の啓発用品のご案内(PDF形式  220 キロバイト)
新潟県克雪住宅普及啓発用品貸出要綱(PDF形式  86 キロバイト)

4 その他留意事項

 利用状況の報告をしていただいた写真は、県が行う克雪住宅の啓発に使用する場合がございますので、ご了承願います。
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする