このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の建設・まちづくりの中の建築物省エネ法に基づく届出
本文はここから

建築物省エネ法に基づく届出

2017年04月01日

届出概要

 建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律(以下「法」という。)が平成29年4月1日に全面施行され、建築主等は延べ床面積300㎡以上の建築物を新築等(特定建築行為を除く。)する際には工事着手の21日前までに、所管行政庁に建築物のエネルギー消費性能の確保のための構造及び設備に関する計画の届出(以下「届出」という。)が必要となりました。

届出対象

 届出対象となる建築行為は、

 届出対象1 300㎡以上の新築・増築・改築(住宅に限る。)
 届出対象2 300㎡以上2,000㎡未満の新築・増築・改築(非住宅に限る。)
 届出対象3 (既存部分について、検査済証の交付日が平成29年4月1日までの建築物)
   300㎡以上の増築・改築の後、2,000㎡以上※となる非住宅建築物
   ※既存部分の床面積≧増改築部分の床面積の場合に限る(特定増改築)

 に係る、当初及び変更の届出等(複合建築物については、1~3に準じる。)になります。

届出に係る建築物エネルギー消費性能基準

 届出に係る建築物エネルギー消費性能基準については、下記の場合により異なります。

 届出対象1
 (新築及び増改築(当該増改築部分に係る検査済証の交付日が平成28年4月2日以降に限る。))
 外皮平均熱貫流率(設計値)≦外皮平均熱貫流率(基準値) 
 平均日射熱取得率(設計値)≦平均日射熱取得率(基準値)
 一次エネルギー消費量(設計値)≦一次エネルギー消費量(基準値)


 届出対象1
 (当該増改築部分に係る検査済証の交付日が平成28年4月1日までの増築及び改築に限る。)
 一次エネルギー消費量(設計値)≦1.1×一次エネルギー消費量(基準値)



 届出対象2
 (新築及び増改築(当該増改築部分に係る検査済証の交付日が平成28年4月2日以降に限る。))
 一次エネルギー消費量(設計値)≦一次エネルギー消費量(基準値)


 届出対象2
 (当該増改築部分に係る検査済証の交付日が平成28年4月1日までの増築及び改築に限る。)
 一次エネルギー消費量(設計値)≦1.1×一次エネルギー消費量(基準値)


 届出対象3
 (当該増改築部分に係る検査済証の交付日が平成28年4月1日までの増築及び改築に限る。)
 一次エネルギー消費量(設計値)≦1.1×一次エネルギー消費量(基準値)
 

 届出対象3
(当該増改築部分に係る検査済証の交付日が平成28年4月2日から平成29年4月1日までの増築及び改築に限る。)
 一次エネルギー消費量(設計値)≦一次エネルギー消費量(基準値)

 

届出に係る事務フロー

※届出書の正本・副本に加え、
各階平面図、断面図、機器表(昇降機にあっては、仕様書)及び系統図の他、建築物エネルギー消費性能基準の設計値等の根拠資料として、計算書等の添付をお願いします。
 なお、戸建て住宅について、品確法第6条第1項に規定する住宅性能評価書(断熱等級が等級4に適合し、かつ、一次エネルギー消費量等級が等級4又は5に適合するものに限る。)の写しの添付及びBELSの評価書(建築物全体を評価するものであって、建築物エネルギー消費性能基準に適合しているものに限る。)の写しの添付がある場合においては、計算書の添付は不要となります。

建築物省エネ法の届出に係るフロー図

届出先(受付先)

 届出書の提出先は、下記のとおりとなります。

届出に係る各種書式