このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の報道発表資料の中の県営住宅で外装塗材にアスベストの含有が確認されました
本文はここから

県営住宅で外装塗材にアスベストの含有が確認されました

2018年04月18日
1 経過等
 県営南本町住宅3号棟(上越市)と県営ひしみ住宅(上越市)で、事前調査を行った結果、外装塗材にアスベストの含有が確認されました。
 現状において外装塗材はセメント状に固まっているため、アスベストが飛散する恐れはありません。

 ・ 確認されたアスベストの種類 : クリソタイル

2 今後の対応
 住戸改修工事、耐震改修工事において、関係法令を遵守し安全に十分に配慮し、適切に除去作業を行います。
 また、県営南本町住宅3号棟においては、昨年度、既に公表済みである浴室及びバルコニー天井裏にある吹付けアスベスト材(囲い込み済み)も併せて除去作業を行います。

 ○工事の実施時期
  ・南本町住宅3号棟住戸改修工事(平成30年度夏頃を予定)
  ・ひしみ住宅耐震改修工事(平成30年度春頃を予定)
報道資料はこちらです。(PDF形式  79 キロバイト)