このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の【上越東】特産野菜「上越丸えんぴつナス」が旬です
本文はここから

【上越東】特産野菜「上越丸えんぴつナス」が旬です

2018年08月20日
 上越市の安塚区、大島区を中心に、70年以上前から「上越丸えんぴつナス」の栽培が続けられてきました。
 地元特産野菜を守り、地域外の方にも知ってもらおうと平成26年に上越市内3戸の農家が団結し「えんぴつナス研究会」が立ち上がりました。市内飲食店ではコラボメニューを提供、知名度向上のためのレシピ考案などブランド化に向けて普及活動を行っています。
 「上越丸えんぴつナス」の最大の特徴として、アクが少ない上、油と出汁との相性がよく、さらにとろけるような食感がたまらない、煮ても焼いてもおいしい万能なナスです。上越市内の「JA浦川原物産館」や「旬菜交流館あるるん畑」などの直売所で販売しています。
 「上越丸えんぴつナス」を食べて、夏の思い出を作ってみてはいかがでしょうか。
上越丸えんぴつナスを栽培する耕太郎農園の高波さんご夫妻
膨らみのある卵型をした胴体に先端が少しとがった肉厚な果実