このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の山火事にご注意ください。
本文はここから

山火事にご注意ください。

2018年03月20日

山火事予防運動を実施します。

 県では、入山や農作業をする機会が増える毎年4月1日からゴールデンウィーク最終日(5月6日)までの期間、山火事予防運動を実施します。
 山火事の多くは、法律で原則禁止されている野焼きの延焼やたばこ・たき火の不始末など、人為的な原因によって発生します。
 山火事がいったん発生すると、消火まで時間がかかり、たちまち貴重な森林や財産が失われてしまいます。
 梅雨までは乾燥が続きますので、行楽や山菜採りで入山する際は、火の取扱いに十分注意しましょう。

○野焼きは法律で原則禁止されています。
○たばこの吸い殻は必ず持ち帰りましょう。
○枯れ草の近くなど延焼のおそれがある場所では、火の使用をやめましょう。
○強風や乾燥時の火の使用は特に危険ですのでやめましょう。
○屋外で火を使用する際は、その場を離れず、使用後は必ず消火しましょう。

関連するお知らせ(こちらもご覧ください)