このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の【上越】「新之助」の稲刈りイベントが行われました
本文はここから

【上越】「新之助」の稲刈りイベントが行われました

2017年10月25日
 秋晴れの10月8日、妙高市で新潟の新しいお米「新之助」の稲刈りイベントが行われました。

 




 「新之助」は、新潟コシヒカリと双璧を成すプレミアム米として新潟県が開発した新しいお米で、今年から一般販売が始まりました。
 大粒で光沢があり、コクと甘みに特徴のあるお米で、口に入れるとしっかりとした粒感がありほぐれやすいが粘りも強く、冷めても硬くなりにくいお米です。






 「新之助」の食味・品質を高いレベルで維持するために、「新之助」の栽培は栽培研究会に属した生産者により、指針に基づく管理が行われています。
 上越地域では今年、3つの研究会で合計約100haの水田で栽培が行われました。普及指導センターでは実証ほを設置し、肥培管理や病害虫防除などの栽培技術情報を提供や現地研修会を開催することで、生産者の技術向上を支援しました。






 10月末日まで、上越地域振興局の1階ロビー(正面玄関前)で新之助PRコーナーを設け、来歴や特徴などを掲示しています。是非ご来場ください。