このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の交通・運輸の中のみなと探訪~直江津港の見える風景~バックナンバー
本文はここから

みなと探訪~直江津港の見える風景~バックナンバー

2018年08月13日

佐渡汽船ターミナル展望室を紹介します(平成30年7月17日更新)

佐渡汽船ターミナル

直江津港には佐渡汽船ターミナルがあり、5階は海の見える展望室となっています。
8:00~17:00の間ならどなたでも自由に出入りすることができます。
あかねの入出港や、直江津港全体を見ることができますので、ぜひお立ち寄りください。

保安訓練を実施しました(平成30年2月20日更新)

保安訓練の様子

直江津港湾事務所では、年4回保安訓練を実施しています。
今回は、ふ頭内の出入管理について説明を受けた後、実地訓練を行いました。

ふ頭内には誰でも出入できる訳ではなく、出入には本人確認等が必要となります。写真は、実地訓練で、ふ頭内に入る車両内に不審物がないか確認を行っている様子です。

西ふ頭の浚渫工事の風景です!(平成29年12月25日更新)

浚渫工事の風景

浚渫工事とは、浚渫船を使って、海底にたい積した土砂を取り除く工事のことです。
船底が海底に接触しないよう、水深を確保するために必要となる工事です。
工事業者は、相村建設(株)です。

貨物を積み降ろすクレーンのご紹介(平成29年11月28日更新)

多目的クレーン6号機

県が所有している多目的クレーン6号機です。
先端のバケットを付け替えることにより、ばら積み貨物にもコンテナ貨物にも使えます!

この日は晴天で、クレーンのオレンジ色が青空によく映えていました。

大型連休は直江津港から佐渡へ!(平成28年3月31日更新)

カーフェーリーあかね

昨年就航した佐渡航路新造カーフェリー「あかね」は、4月で就航1周年を迎えます。

時速30ノットの高速カーフェリーとして、従来の船よりも1時間速い1時間30分で直江津港と佐渡・小木港を結び、利便性も向上しました。

4月末からの大型連休は、「あかね」に乗って、佐渡へ出かけてみるのはいかがでしょうか。

直江津港でも積雪となりました!(平成28年1月12日更新)

雪が降る中入港したコンテナ船

海沿いのため、雪が降っても普段はあまり積もることがない直江津港ですが、この日は10cm程度の積雪となりました。

雪が舞う中、韓国・釜山港向けのコンテナ船が入港しています。

中央ふ頭・鉱産品岸壁は直江津港最大の公共岸壁です!(平成27年12月10日更新)

塩を輸入する貨物船の様子

直江津港の公共岸壁では、5万トン級の船舶を接岸できる「中央ふ頭・鉱産品岸壁」が最大規模の岸壁です。(水深は-13m)

この日は、インドから、3万トン以上の塩を積んだ外国船舶が接岸していました。
船の延長も約180mあり、とても迫力があります。