このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中のテレビ・新聞・広報の中の【上越】10月9日、11日放送分「越後・謙信SAKEまつり」
本文はここから

【上越】10月9日、11日放送分「越後・謙信SAKEまつり」

2018年10月09日
今日は、地域整備部の花野が聞き役で、企画振興部の高橋さんから、「越後・謙信SAKEまつり」についてお話をお聞きしました。

今年もSAKEまつりの季節がやってきましたね。

 はい。今月20日土曜日と21日日曜日に、上越市高田本町商店街を会場として、第13回越後・謙信SAKEまつりが開催されます。

13回目ということですが、まだ、SAKEまつりに行ったことがない方に、どんなイベントか教えていただけますか。

 はい。越後・謙信SAKEまつりは、上越地域15の蔵元の日本酒をはじめ、ワイン、地ビール、カクテルなど、上越地域の酒の魅力や酒造り文化を紹介するイベントです。さらに、糸魚川市と佐渡市からそれぞれ3つの蔵元が出展します。
 当日は、1500円で様々なお酒を飲み比べすることができます。また、新成人の方は、元服お祝いキャンペーンとして特別価格の500円で飲み比べが楽しめます。

「お酒はそれほど飲めないけど、行ってみたい」という方もおられると思いますが、出展はお酒だけですか。

 いいえ、安心してください。お酒の試飲・販売のほかに、地元の旬の食材を使用した「食」のブースもたくさんありますので、お酒が飲めない方も大歓迎です。

それなら、お酒が飲めない人でも十分に楽しめますね。そのほかにもイベントがあるようですね。

 はい。会場内の特別ステージでは、「ハクビ京都きもの学院」による「雅なる十二単きものショー」や、和太鼓演奏など、2日間にわたりイベントが満載です。

ステージから会場全体を盛り上げてくれるんですね。SAKEまつり限定販売の商品もあるんですよね。

 はい。SAKEまつりのために、県酒造組合高田支部の蔵元が協力して仕込んだ「まつり酒“くるまがかり”」が数量限定で販売されます。
 また、プレイベントとして「角打ち(かくうち)」を12日金曜日午後5時から、君の井酒造高田支店を会場に行います。立ち飲みしながら、来場者との交流や、蔵元のおもてなしをお楽しみください。 

どんなお酒が出るのかとても楽しみです。それでは最後に、SAKEまつりに関する問い合わせ先を教えてください。

 越後・謙信SAKEまつりに関するお問い合わせは、上越市産業振興課内「越後・謙信SAKEまつり実行委員会事務局」 電話番号025-526-5111までお願いします。
 秋空の下、上杉謙信公のお膝元で飲むお酒、食べる料理も格別です。皆さまお誘い合わせの上、ぜひご来場ください。

お問い合わせは、上越市産業振興課内「越後・謙信SAKEまつり実行委員会事務局」 電話番号025-526-5111までですね。今日は10月20日土曜日、21日日曜日に行われる「越後・謙信SAKEまつり」についてお伝えしました。来週もぜひお聞きください。