このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の防災の中の【上越】 除雪作業中の事故にご注意ください
本文はここから

【上越】 除雪作業中の事故にご注意ください

2018年02月13日
 毎年、屋根の雪下ろしや家屋周り等の除雪作業中の事故が多発しています。
 今冬も、先週末から、県内では4件の除雪作業中の死亡事故が発生し、平成26年の豪雪時を超え(11名)、平成21、22年度(20名)に迫る17名の方が亡くなっています。
 今冬は、県内を繰り返し寒気が覆い、海岸平野部を含む広い地域で、近年になく積雪量が増加しています。今の冬型は一旦緩みますが、週末にかけて再度冬型となる見込みであり、その間に除雪作業を行う人が増加し、同様の事故が発生することが懸念されます。
 除雪作業中の事故は「自分は大丈夫」と油断している時に起きていますので、油断することなく、また、怪我をしないよう注意して除雪作業を行ってください。

除雪中の事故を防止するための合言葉

除雪作業中の事故を防止するため、
「一人でしない」「無理しない」「落雪・転落 気をつけて」
を合言葉に、十分注意して除雪作業を行うようにしてください。

除雪作業を行う際の注意点

【屋根からの転落防止】
 ○はしごはしっかり固定し、昇降時は特に注意して
 ○高所作業中は足を滑らせないよう注意。命綱・ヘルメットも着用
【用水路への転落防止】
 ○作業前には、流雪溝や水路等の危険箇所を確認
【内因性疾患の誘発防止】
 ○準備運動で体を温め、無理をせずこまめに休憩
【その他重大事故防止】
 ○除雪機に詰まった雪の除去は、必ずエンジンを止めてから
 ○2人以上で作業。やむをえず1人の場合は、家族や隣近所に声を掛けて
 ○軒下での作業は、屋根からの落雪に注意