このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の健康・医療・衛生の中の【上越】熱中症にご注意ください!
本文はここから

【上越】熱中症にご注意ください!

2018年07月03日
トッキッキの表情

 熱中症は、高温多湿の環境のもとで、体内の水分と塩分のバランスが崩れたり、体温調節機能がうまく働かないことによって起こります。
 人間の体は、暑い環境での運動や作業を始めてから3~4日経たないと、体温調節が上手くいかないため、急に暑くなった日や、久しぶりに暑い環境で活動した時には、特に注意が必要です。
 予防法を知って防ぎましょう。

熱中症の注意事項

暑さを避けましょう

 ○涼しい服装
 ○外出時は日陰を選ぶ
 ○扇風機やクーラーを使う
 ○すだれやカーテンで日光を遮る
 ○帽子をかぶる

こまめに水分補給をしましょう

 ○のどが乾く前に、こまめに水分補給をする
 ○アルコール飲料での水分補給はやめましょう
 ○たくさん汗をかいた時は塩分の補給も忘れずに

急に暑くなる日に注意しましょう

 ○暑くなり始めや、急に暑くなる日は注意をする
 ○暑いときは無理をせず、徐々に暑さに慣れる工夫を
 ○暑さに備えた体作りをしましょう

こんな人は熱中症に注意が必要です

下記の方は熱中症に陥りやすいので活動強度に注意しましょう。

○風邪等で発熱や下痢がある人
○深酒をして二日酔いの人
○高齢者、幼児、肥満の人
○過度の衣服を着ている人
○普段から運動をしていない人
○暑さに慣れていない人
○糖尿病、高血圧、心疾患、腎不全等の疾患がある人

熱中症

熱中症の症状と応急措置

まわりの人が熱中症になった場合は落ち着いて、状況を確かめて対処しましょう。
最初の措置が肝心です。
  分類             症状                   応急処置
重症度Ⅰ度 ○手足がしびれる
○めまいや立ちくらみがある
○筋肉痛がある
   筋肉のこむら返りがある
○気分が悪い、ボーっとする
【応急処置①】
●涼しい環境(日陰やクーラーの効いている室内)
    に避難する。
●冷やした水分・塩分を補給する。
●衣服をゆるめ、体を水や氷で冷やす。

※症状が改善しない場合は医療機関へ!
重症度Ⅱ度 ○頭ががんがんする(頭痛)
○吐き気がする・吐く
○からだがだるい(倦怠感)
○意識が何となくおかしい
重症度Ⅲ度 ○意識がない
○体がひきつる(けいれん)
○呼びかけに対し、返事がおかしい
○まっすぐ歩けない、走れない
○高い体温
【応急処置②】
●意識がない、呼びかけへの反応がおかしい
   場合はすぐに救急車を呼ぶ。
●救急車が到着するまでに応急処置①を始める。

※意識がない場合や吐き気を訴える症状がある
   場合は無理に水を飲ませてはいけません。

熱中症の関連情報

その他、熱中症に関する情報は下記をご覧ください。

この記事に関するお問い合わせは

上越地域振興局健康福祉環境部(上越保健所)地域保健課
電話:025-524-6132(直通)