このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の統計・調査・監査の中の新潟県オープンデータ
本文はここから

新潟県オープンデータ

2015年09月01日

オープンデータについて

オープンデータとは、公共データなどが、誰もが自由に二次利用できるルールの下で公開されること、また、そのように公開されたデータのことをいいます。
国においては、オープンデータに取組む意義として以下の3つが示されています。

 ○経済の活性化・新事業の創出
 ○官民協働による公共サービス(防災・減災を含む)の実現
 ○行政の透明性・信頼性の向上

新潟県においても、これらを踏まえ平成26年度に新潟県オープンデータ利用規約を制定し、取組みを進めています。

新潟県オープンデータ利用規約

 ・当サイトでは、新潟県が所管する情報の提供サービス(以下「サービス」という。)を行っています。
 ・サービスのご利用の際には、本規約に従っていただくようお願いします。
 ・サービスのご利用をもって本規約の内容を承諾したものとします。
 ・本規約の内容は、必要に応じて予告なしに変更することがありますので、サービスのご利用に際しては、必ず利用規約の最新の内容を確認してください。
 ・本規約は、当県サイトのうち、次のバナー表示があるページまたはオープンデータである旨の記載がされているページ及びデータにおいてのみ適用されます。
オープンデータのバナー

クリエイティブコモンズライセンス表示2.1
当サイトで公開するデータは、個別に注記があるものを除いて、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス表示2.1日本の下に提供されており、利用規約を守れば誰でも自由に利用することができます。

公開データ

リンク先からファイルをダウンロードすることができます。