このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中のエネルギー・情報化の中の公的個人認証サービスについて
本文はここから

公的個人認証サービスについて

2016年01月22日

1 公的個人認証サービスとは?

公的個人認証サービスは、電子申請などを行う際に、申請書と一緒に電子署名と電子証明書を添付して送信することで
などがないことを確認できるようにするサービスです。
書面による手続きでいえば、電子署名が「押印」、電子証明書は「印鑑証明書」に相当します。
そのための仕組みとして、
となっており、申請者が本人であることや申請内容の改ざんの有無が確認できます。

※法改正により、平成28年1月より都道府県知事に代わり、地方公共団体情報システム機構(地方公共団体情報システム機構法に基づき、地方公共団体が共同で運営する地方共同法人)が電子証明書を発行します。

2 電子証明書とは?

3 公的個人認証サービスを利用するには?

3―1 電子証明書の取得

3-2 電子証明書を利用した電子申請

4 公的個人認証サービスを利用する申請システム

現在、申請手続きに公的個人認証サービスを利用する申請システムのうち主なものを掲載します。

5 利用にあたっての注意事項

住民基本台帳カードに格納された電子証明書について

個人番号カードに格納された電子証明書について

その他

6 関係法令等

PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする