このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の審議会・委員会・団体の中の平成29年度 新潟県特別職報酬等審議会の答申についてお知らせします
本文はここから

平成29年度 新潟県特別職報酬等審議会の答申についてお知らせします

2018年01月11日
 特別職の報酬等の額及び知事、副知事の退職手当の額に関し、平成30年1月11日、新潟県特別職報酬等審議会から知事に答申がありましたのでお知らせします。

特別職の報酬等の額について

 本審議会は、本日、知事から特別職の報酬等の額について諮問を受け、慎重に審議した結果、次のとおり結論を得たので答申する。

 本県特別職の職務・職責を考慮すれば、報酬等の額の水準は全国平均程度が妥当と考えるが、今年度の本県一般職の改定率等を考慮し、現行額を次のとおり改定することが適当である。

 報酬月額
   県議会議長   981,000円
   県議会副議長  858,000円
   県議会議員   786,000円
 給料月額
   知事    1,266,000円
   副知事     991,000円


改定の時期 平成30年4月1日
 

知事、副知事の退職手当の額について

 本審議会は、本日、知事から知事及び副知事の退職手当の額について諮問を受け、慎重に審議した結果、次のとおり結論を得たので答申する。

 知事及び副知事の退職手当の額については、一般職の見直し内容や他の都道府県の水準等を勘案し、退職手当の額の算定に用いる支給割合を次のとおり改定することが適当である。
   
   知事    100分の61
   副知事   100分の42
答申印刷用(PDF形式  81 キロバイト)
参考資料1(答申どおり改定した場合の報酬等の額)(PDF形式  21 キロバイト)
参考資料2(答申どおり改定した場合の退職手当の額)(PDF形式  29 キロバイト)

新潟県特別職報酬等審議会委員名簿

石 本 幸 子    公募委員
今 井 長 司    新潟県農業協同組合中央会会長
小 川 幸 代    長岡大学経済経営学部教授
小 室 千代子    日本労働組合総連合会新潟県連合会副会長
西 條 和佳子    NPO法人ワーキング・ウィメンズ・アソシエーション常任理事
捧   みちる    公募委員
竹 石 松 次    株式会社新潟放送代表取締役社長
塚 田 一 誠    日本公認会計士協会東京会新潟県会前会長
並 木 富士雄    新潟県銀行協会会長
福 田 勝 之【会長】新潟県商工会議所連合会会頭

(敬称略 五十音順 10名)

問い合わせ先

新潟県総務管理部人事課
〒950-8570 新潟市中央区新光町4番地1
電話:025-280-5026
ファクシミリ:025-280-5970
電子メール:ngt010030@pref.niigata.lg.jp