このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の家庭・子育て・青少年の中の新潟県子育て世帯調査の結果を公表します。
本文はここから

新潟県子育て世帯調査の結果を公表します。

2016年12月26日
 国民生活基礎調査(厚生労働省)によると我が国の子どもの貧困率は1990年代半ばからおおむね上昇傾向にあり、平成24年で過去最高の16.3%となっています。
 「子育て世帯調査」は、新潟県に住む子どもを取り巻く社会や経済の状況が、どのように子どもの成長や日々の生活などに影響しているかを調べ、これからの子どもや子育て環境への対策を検討していくこと及び支援を要する緊急度の高い子どもや親に優先的に施策が講じられ、より効果的な支援が実施されるよう、必要な施策の推進につなげることを目的として実施しました。

調査の概要

1 調査方法 住民基本台帳から無作為抽出した3,000世帯に対し郵送アンケート調査
2 回答期間 平成28年9月12日から平成28年10月20日
3 調査対象 新潟県内に居住する、18歳未満の子がいる世帯(回答者は保護者)
4 調査項目
 ・子どもの所有物等に関する事項
 ・子どもとの関係に関する事項
 ・就業状況に関する事項
 ・現在の暮らし等に関する事項 等
 ※詳細は別紙調査票のとおり
5 有効回答数 1,695世帯(回答率56.5%)

調査報告書

調査票(PDF形式  176 キロバイト)
結果の概要(PDF形式  307 キロバイト)
調査結果Ⅰ(全体) 訂正版(PDF形式  836 キロバイト)
調査結果Ⅱ(就学段階別)(PDF形式  1589 キロバイト)
調査結果Ⅲ(地域別)(PDF形式  2745 キロバイト)
正誤表(PDF形式  27 キロバイト)