このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の健康・医療・衛生の中の緩和ケア研修会についてお知らせします
本文はここから

緩和ケア研修会についてお知らせします

2016年07月14日

緩和ケアとは

 緩和ケアについては、これまで「終末期に必要なケア」と理解されていましたが、がん患者とその家族が可能な限り質の高い療養生活を送れるようにするためには、緩和ケアが治療の初期段階から行われるとともに、診断、治療、在宅医療など様々な場面において切れ目なく実施される必要があります。
 そのため、がん診療に携わる医師や看護師等が、身体的な苦痛だけでなく、精神心理的な苦痛に対する心のケア等を含めた緩和ケアに関する知識や技能を修得することが求められています。

緩和ケア研修会

 国の「がん対策推進基本計画」(平成24年6月策定)において、「5年以内に、がん診療に携わる全ての医療従事者が基本的な緩和ケアを理解し、知識と技術を習得すること」が目標に掲げられています。
 また、県でも、「新潟県がん対策推進計画」(第2次、平成26年3月策定)において、「病院においてがん診療に携わる医師の半数が研修等により、緩和ケアについての基本的な知識を習得すること(3年以内)」を目標に掲げています。
 これらの目標を達成し、緩和ケアの普及を図るため、がん診療連携拠点病院を中心に、県内各地で緩和ケア研修会が開催されています。

新潟県緩和ケア研修会標準プログラム

 県内で開催される緩和ケア研修会は、次のプログラムにもとづいて開催されます。

区分 分 野 内 容 単位数
(時間)
A  緩和ケア概論
 【講義】
 患者の視点を取り入れた全人的な緩和ケアについて 0.5単位
(45分以上)
 がん疼痛
 【講義】
 がん疼痛の機序、評価及びWHO方式のがん疼痛治療法を基本とした疼痛緩和に係る治療計画などを含む具体的なマネジメント方法について 1単位
(90分以上)
B  疼痛事例検討
 【ワークショップ】
 【ロールプレイ】
 ① 疼痛事例検討
 ② オピオイドを開始するとき
2単位
(180分以上)
C  コミュニケーション
 【講義】
 がん緩和ケアにおけるコミュニケーションについて 0.5単位
(45分以上)
 コミュニケーション
 スキルトレーニング
 【ロールプレイ】
 がん緩和ケアにおけるコミュニケーションについてのワークショップ 1単位
(90分以上)
D  呼吸困難
 【講義】
 疼痛以外の身体症状に対する緩和ケアについて 0.5単位
(45分以上)
 消化器症状
 【講義】
 疼痛以外の身体症状に対する緩和ケアについて 0.5単位
(45分以上)
 つらさの包括的評価
 と症状緩和
【講義】
 苦痛のスクリーニングとその結果に応じた症状緩和について 0.5単位
(45分以上)
E  気持ちの辛さ
 【講義】
 精神症状に対する緩和ケアについて 0.5単位
(45分以上)
 せん妄
【 講義】
 精神症状に対する緩和ケアについて 0.5単位
(45分以上)
F  地域連携における
 医療連携
 【講義】
 ① がん患者の療養場所の選択
 ② 地域における医療連携
 ③ 在宅における緩和ケア
0.5単位
(45分以上)
合計     8単位
(720分以上)

受講方法

・ A~Fすべての単位を取得することで、研修修了となります。
・ 主催者が同一の研修会での「一括受講」、または主催者が異なる複数の研修会で研修区分ごとに受講する「分割受講」のどちらでも受講可能です。
・ 研修会は、研修区分を任意に組み合わせて開催されます。スケジュール等は研修会によって異なりますので、受講を希望される方は主催者にお問い合わせください。
・ 厚生労働省の開催指針の変更に伴い、平成28年4月1日以降は上記の新プログラムが適用となりますので、平成28年3月31日までに修了した単位は平成28年4月1日以降は無効となり、「年度をまたいだ分割受講」ができなくなります。

研修対象者

 県内の医療機関等に勤務するがん診療に携わる医療従事者(医師、看護師、薬剤師など)が対象になります。

開催スケジュール

 受講を希望される方は、各主催者の「連絡先」にお問い合わせください。
平成28年度緩和ケア研修会一覧
主催者 開催場所 開催日 時間 研修区分 備考
県立がんセンター
新潟病院
県立がんセンター
新潟病院
平成28年5月15日(日) 9:00~18:00 A,C,E  【連絡先】
 庶務課 緩和ケア研修会事務局
 メール:kanwa-kensyukai@niigata-cc.jp
  ※申込書は表外に掲載しています。 
 ※受付開始日:平成28年4月1日 
平成28年5月29日(日) 9:00~17:40 B,D,F
新潟市民病院 新潟市民病院 平成28年6月4日(土) 8:45~18:00 A,B,E  詳細は病院ホームページをご覧ください。
 【連絡先】
 総合診療内科 矢部 正浩
 メール:yabe0724@jeans.ocn.ne.jp
 TEL:025-281-5151
 FAX:025-281-5187
平成28年6月5日(日) 8:45~17:30 C,D,F
長岡赤十字病院 長岡赤十字病院 平成28年6月25日(土) 8:30~17:40 A,B,E  【連絡先】
 病歴管理課 笹岡 光央
 メール:sasamitu@nagaoka.jrc.or.jp
 TEL:0258-28-3600
 FAX:0258-28-9000
平成28年6月26日(日) 8:50~17:00 C,D,F
済生会新潟第二病院 済生会新潟
第二病院
平成28年9月3日(土) 8:45~18:05 A,B,E  募集期間:7月11日~7月31日
 詳細は病院ホームページを御覧ください。
 【連絡先】
 緩和ケア委員会事務局 平澤
 E-mail:h-07.kaz@ngt.saiseikai.or.jp
    TEL:025-233-6161(代表)
          院内携帯5220
    FAX:025-233-8880
平成28年9月4日(日) 9:00~17:30 C,D,F
県立新発田病院 県立新発田病院 平成28年9月25日(日) 8:55~18:00 A,B,C 募集期間:7月1日~8月15日
【連絡先】
経営課 医事担当 平野
E-mail:iryoujimu-s@sbthp.jp
TEL:0254-22-3121(内線1102)
FAX:0254-22-4783
平成28年10月2日(日) 8:55~18:00 B,D,E,F
県立中央病院 県立中央病院 平成28年10月8日(土)      
平成28年10月16日(日)      
新潟労災病院 新潟労災病院        
       
新潟県 魚沼基幹病院 平成28年11月5日(土)      
平成28年11月6日(日)      
長岡中央綜合病院 長岡中央綜合病院        
       
新潟大学医歯学
総合病院
新潟大学医歯学
総合病院
平成29年3月11日(土)      
平成29年3月12日(日)      
【 ご案内 】県立新発田病院主催がん診療に携わる医療者に対する緩和ケア研修会(PDF形式  67 キロバイト)
【 募集要項 】県立新発田病院主催がん診療に携わる医療者に対する緩和ケア研修会(PDF形式  127 キロバイト)
【受講申込書】県立新発田病院主催がん診療に携わる医療者に対する緩和ケア研修会(Word形式  94 キロバイト)
 研修会開催を計画している医療機関は、下記お問い合わせ先までご連絡ください。

修了証書

・ すべての単位を修了された医師には、厚生労働省健康局長と県知事の連名の修了証書を交付します。
・ 医師以外の方には、県知事名の修了証書を交付します。
・ 単位の確認は、「新潟県緩和ケア研修会受講票」で行います。

緩和ケア研修修了者のためのフォローアップ研修会

 がん診療に携わる医療従事者の緩和ケアについて、基本的な知識を習得することの継続性を確保し、治療の初期段階からの緩和ケアの提供が継続して行われるようにすることを目的に開催されています。
 参加対象者は、新潟県内のがん診療に携わる全ての医療従事者のうち、以下のいずれかに該当する者になります。
(1)緩和ケア・精神腫瘍学の基本教育に関する指導者研修会の修了者 
(2)緩和ケア研修会の修了者  
(3)緩和ケア研修会のファシリテーターを行っている者

フォローアップ研修会開催スケジュール

主催者 開催場所 開催日 時間 連絡先
新潟県 新潟市民病院 未定    

その他

新潟県緩和ケア研修会受講票(PDF形式  88 キロバイト)
緩和ケア研修会修了者(PDF形式  256 キロバイト)
緩和ケア指導者研修会修了者(PDF形式  61 キロバイト)
精神腫瘍学指導者研修会修了者(PDF形式  44 キロバイト)
日本緩和医療学会推薦指導者(PDF形式  63 キロバイト)