このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の健康・医療・衛生の中の安心して救急医療を受診するために ~県からのお願い~
本文はここから

安心して救急医療を受診するために ~県からのお願い~

2016年09月05日

安心して救急医療を受診するために ~県からのお願い~

 近年、「夜間の方がすいているから」「昼間は仕事があるから」などの理由で、軽い症状でも、休日や夜間に病院の救急外来を受診する方が増える傾向にあります。

 このため、救急外来が混み合い、命にかかわるような重症患者に対してまでも、対応が遅れてしまうことが懸念されています。

 また、病院の医師やスタッフが疲弊し、身近な地域の救急医療体制が維持できなくなる恐れもあります。

 引き続き、身近な地域において救急医療を提供していくためには、救急医療機関の適正な受診について、県民の皆さんのご理解とご協力が不可欠ですので、次のことに心がけいただきますようお願いします。(詳しくは、別添ファイルを御覧ください。)

 ○ 「かかりつけ医」を持つこと。

 ○ できるだけ昼間の診療時間内に受診すること。

 ○ 比較的症状の軽い方で、休日や夜間に救急医療機関を利用する方は、
  『地域の休日夜間急患センター』や『在宅当番医』を利用すること。
安心して救急医療を受診するために ~県からのお願い~(PDF形式  318 キロバイト)
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする