このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の健康・医療・衛生の中のがん診療連携拠点病院について
本文はここから

がん診療連携拠点病院について

2013年04月01日

がん診療連携拠点病院について

 がん診療連携拠点病院とは、全国どこでも質の高いがん医療を受けることができるよう、「がん医療
水準の均てん化」を図るため、厚生労働大臣が指定する医療機関です。
 県では、がん診療連携拠点病院を整備し、拠点病院間及び拠点病院と地域の医療機関の連携等に
より、県内のがん医療の均てん化、充実化を促進しています。
① 県がん診療連携拠点病院
 ・ 地域がん診療連携拠点病院の役割に加えて、地域がん診療連携拠点病院等を対象とした情報提
 供、診療支援、医療従事者の研修を行うなど、県内のがん医療の先導的役割を担うとともに、
 「新潟県がん診療連携協議会」の設置・運営等により,県内のがん診療連携拠点病院間の連携に
 おいて中心的役割を担う病院 
② 地域がん診療連携拠点病院
 ・ 各地域における質の高いがん医療の提供及びがん医療の均てん化を図るため、自ら専門的ながん
 診療を行うとともに、地域のがん診療を行う医療機関等との連携体制の構築や医療従事者への研修
 を実施するなど、地域におけるがん医療の拠点としての役割を担う病院
 ・ 当面は主たる二次医療圏域ごとに整備することとし、地域がん診療連携拠点病院として整備する中
  核的な医療機関がない医療圏については、隣接医療圏において地域がん診療連携拠点病院を複数
  整備することによりカバーする。
③ アスベスト疾患センターを設置する地域がん診療連携拠点病院
 ・ 国の指定要件を満たし、かつ、アスベスト疾患センターを設置し、アスベストに起因する悪性中皮腫
  等について専門的な診断・診療機能を有する病院を地域がん診療連携拠点病院として整備する。
 ・ 当該病院をアスベストに起因する悪性中皮腫等に係る全県レベルの拠点病院として位置付け、他の
  がん診療拠点病院との連携により、アスベストに起因する悪性中皮腫等の診断・診療機能の全県的
  な体制を整備する。

 

区分 病院名 所在地
  都道府県がん診療連携拠点病院   県立がんセンター新潟病院   新潟市
  地域がん診療連携拠点病院   県立新発田病院   新発田市
  新潟大学医歯学総合病院   新潟市
  新潟市民病院   〃
  長岡赤十字病院   長岡市
  長岡中央綜合病院   〃
  県立中央病院   上越市
  新潟労災病院   〃

※ 医療圏ごとの拠点病院の整備状況について
 ● 二次医療圏に1か所の病院を整備する圏域
  ① 下越圏域
   ・ 下越圏域を1病院で対応
 ● 二次医療圏で複数の病院を整備する考え方
  ② 新潟圏域(3病院(うち県拠点病院1))
   ・ 新潟圏域、佐渡圏域、県央圏域の一部を3病院で対応
  ③ 中越圏域(2病院)
   ・ 中越圏域、魚沼圏域の一部、県央圏域の一部を2病院で対応
  ④ 上越圏域(2病院)
   ・ 上越圏域、魚沼圏域の一部を2病院で対応
   ・ 新潟労災病院は、アスベスト疾患センターとして全県地域を対象にアスベストによる悪性中皮腫
    等についても対応
【主な指定要件】(病院で整備していなければならない体制)
  指定に当たっては、がんの部位や種類に応じたがん医療専門医の配置やセカンドオピニオン機能の
確立などをはじめ、次の体制が整っています。
① 求められる施設・設備
  放射線治療機器(リニアック等)、外来化学療法室を整備すること
② 緩和ケア医療体制
 ・ 専門的な知識・技能を有する医師、看護師等を配置した緩和医療チームの整備
 ・ 外来において専門的な緩和ケアを提供できる体制を整備すること
③ 相談体制
 ・ 院内に相談支援機能を有する部門(相談支援センター等)の設置
 ・ 国立がんセンターが行う研修を修了した専任者を1名以上配置
 ・ 院内外の医療従事者の協力を得て、院内外の患者、家族及び地域の医療機関等からの相談等に対
  応する体制の整備
④ がん登録体制
 ・ 標準登録様式に基づく院内がん登録の実施
 ・ 国立がんセンターが行う研修を修了した院内がん登録実務担当者の1名以上の配置
 ・ 院内がん登録の集計結果等を国立がんセンターへ情報提供すること
【がん診療連携拠点病院リンク集】
○ 都道府県がん診療連携拠点病院
○ 地域がん診療連携拠点病院
【参考】健康福祉ビジョン(がん診療連携拠点病院該当箇所)

≪現状と課題≫
    地域のがん医療水準の均てん化のため、地域ごとに拠点的な病院の整備・ネッ
   トワークづくりが必要
 ≪施策の展開≫
    県民に質の高いがん医療を提供するため、都道府県がん診療連携拠点病院と
   して県立がんセンター新潟病院を整備し、これと連携する地域がん診療連携拠
   点病院を主たる二次保健医療福祉圏ごとに整備
    県民のがん医療水準の均てん化を目指して、地域ごとに関係機関が連携した
   ネットワークづくりの促進