このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の建設・まちづくりの中の【糸魚川】松本糸魚川連絡道路の計画段階での住民参加について
本文はここから

【糸魚川】松本糸魚川連絡道路の計画段階での住民参加について

2009年11月04日

地域の声を聴きながら、松本糸魚川連絡道路の事業化を目指しています。

 地域高規格道路「松本糸魚川連絡道路」は、長野県松本市と糸魚川市を結ぶ約100kmの道路であり、このうち約20kmが新潟県側となります。この道路は、広域的な経済圏の形成、地域の活性化、生活の利便性、災害時の信頼性確保などの重要な役割を担う道路です。
「松本糸魚川連絡道路」は平成10年6月に、全線について「計画路線」の指定を、平成11年12月に平岩周辺から根知周辺までの8km、平成17年3月に根知周辺から糸魚川IC までの9kmの合計17kmが「調査区間」に指定を受けています。新潟県では、松本糸魚川連絡道路の計画・整備にあたっては、糸魚川市等と連携を図りながら、計画づくりの段階から、地域の皆さん・企業・道路を利用される皆さんに情報を提供し、広く意見を聴きながら進めていきます。
 これまでに、実施した活動について、概要をお知らせします。 


これからも、皆さんと一緒に計画づくりを進めていきます。

1ページ前へリンク
地域整備部トップページへリンク